花嫁の手紙って何?具体的にどんなことを書けばいいの?

「披露宴の後半に花嫁の手紙を」と言われたけど、どうして読むの?

どんなことを書けばいいの(?_?)

 

SPONSORED LINK

 

日本の結婚披露宴で定番となっているのが「花嫁の手紙」です。

普段、照れくさくて親へ感謝の気持ちを言葉に表せずにいる
花嫁さんは結構いるのではないでしょうか?

今回は、いざ書こうと思っても意外と書けない
花嫁の手紙についてわかりやすくまとめてみました。

 

そもそも花嫁の手紙って何?

img1

Original update by : 写真AC

 

日本では古くから人情や人と人とのつながり、家族を大切にする心を持っています。

そんな心情から披露宴のプログラムの中に「感謝の時間」として、今まで育ててくれた両親へ感謝の気持ちを伝える場面があります。

感謝の気持ちの伝え方は様々で、花束や記念品を贈呈することもあります。

 

そんな思いを伝える方法の中でも、結婚式において外すことのできないのが、言葉で直接気持ちを表す「花嫁の手紙」です。

花嫁の手紙は、花嫁が幼かった頃のご両親との思い出や、つらかったこと、楽しかったエピソードなどを盛り込みながら、それまで育ててくれたご両親への感謝の想いを伝える内容になります。

子育てをしたご両親にとって非常に感動するものですが、参加したゲストも共感し感動するものです。読み始めると当時を思い出して感極まり読めなくなる新婦さんも少なくありません。

新郎がハンカチで涙をぬぐってあげたりマイクを持ってあげたり・・・新郎のエスコートによって頑張って読む新婦さんの姿が会場全体を優しい心と感動で包む瞬間です。

そんな感動的なクライマックス、ゲストのみなさんと分かち合うタイミングは、いつがベストなのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

花嫁の手紙を読むタイミングはいつ?

花嫁の手紙を読むタイミングは、披露宴の終盤に差し掛かった頃が最も多いです。

花嫁の手紙は、結婚式のクライマックス演出となる部分ですので、非常に重要なポイントになります。

大体、祝辞を頂いたり、ゲストの余興やお色直し、ケーキカットなど進行上ポイントとなる事が終わったあたりになるでしょうか。

 

賑やかな雰囲気から一転、しっとりとしたBGMとともに両親への花束または記念品贈呈前に読むのがベストタイミングです。

中には、披露宴がしんみりしてしまうのが苦手で、最後に読むのはちょっと・・という花嫁さんもいるようですが、ゲスト側から見てもやはり最後の方が良いという声が多いです。

どうしても最後は嫌だという場合は、プランナーさんとベストなタイミングを相談するとよいでしょう。

 

 

花嫁の手紙の長さはどれくらいがベスト?

img2

Original update by : 写真AC

 

それでは、手紙の長さはどのくらいがベストなのでしょうか?

伝えたい思いが溢れてしまって両親それぞれとのエピソードなどを長々と書き連ねてしまったりすると、話の焦点もボケてしまいますし聞いている側が間延びしてしまうということもあります。

披露宴の終盤ということでゲストの疲労感も出てき始める時間です。そのようなことも考慮して、2~3分程度にまとめましょう。原稿用紙にすると大体600字程度が無難です。

もしもどうしても長くなってしまう場合には、当日朗読するための原稿とは別に、両親に渡す手紙せばよいでしょう。

人前で朗読するものですので、聞いてわかりやすい文章を心がけることが大切です。

また、あまり早口になって聞き取れなくては意味がありませんので、落ち着いてゆっくりと話すことも意識するとよいですね。

事前に実際に音読してチェックすることをおすすめします。

 

花嫁の手紙には具体的にどんなことを書けばいいの?

今まで育ててくれた親への感謝の気持ちを披露宴の席を借りて伝える、それが花嫁の手紙です。

それでは、具体的にどんなことを手紙に盛り込めばよいのかを確認しましょう。

書き出しは、
「お父さん、お母さん、今まで○○年私を大切に育ててくれてありがとう。」
というように両親へ今まで育ててくれた感謝の気持ちを伝える形が良いでしょう。

次に幼い頃の思い出やお父さん、お母さんそれぞれとの印象深いエピソードを書きましょう。この時、今まで言葉にできなかった両親への想いなどを伝えることもできれば、より素敵ですね。

締めの言葉は、新生活に向けての決意です。これから二人で力を合わせて生きていくことを両親、そして会場ゲストの前で誓います。

このような構成でまとめると書きやすく、聞き手にもわかりやすいです。読みだす前に会場ゲストへ向けて一言、この公の場で身内へ感謝の意を伝える時間を設けることへ断りを入れてもスマートですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

今まで大切に育ててくれて両親に思ってはいても、
普段は照れくさくて言えない言葉はたくさんあるでしょう。

結婚式前日に慌てて書くことがないように
たっぷり余裕を持って取りかかってくださいね!(^^)!

 





SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ