ファーストバイトの演出の意味は?イミテーションケーキでもできる?

披露宴の演出で「ファーストバイト」っていうのがあると聞いたけど、どんなことをするの?

ケーキの食べさせ合いにどんな意味合いがあるんだろう・・・

 

SPONSORED LINK

 

結婚式や披露宴で行われる演出には様々なものがあります。
それらは、それぞれいろんな意味合いが含まれていたりします。

まさにファーストバイトは、これから始まる二人の新生活を誓い合う意味があるといえるでしょう。

また、演出のやり方ひとつでかなり盛り上がる見せ場にもなってくるものにもなります。

今回は、ファーストバイトの意味合いを確認するだけでな
く盛り上がる演出の方法もまとめてみました。

 

そもそもファーストバイトってどんなこと?

 image1

Original update by : Yuichi Sakuraba

 

披露宴のケーキ入刀後に新郎新婦が互いにカットしたウェディングケーキを食べさせ合うことをファーストバイトと言います。

欧米で古くから行われている習慣が伝わったと言われていて、ケーキシェアリングやファーストイーティングとも呼ばれる、ウェディングケーキの「ケーキ入刀」と並ぶ見せ場です。

最近は、ケーキ入刀を生ケーキで行う人が増えてきたので、披露宴の中で代表的な演出の一つになってきました。

具体的にはどのような流れで行われるものなのでしょうか?

 

二人で初めての共同作業と言われる「ケーキ入刀」をした後に、まずは新郎にスプーンが手渡されます。そのスプーンでカットされたウェディングケーキを新婦に食べさせてあげます。

次に新婦にスプーンが手渡され、新郎に食べさせてあげます。

仲睦まじい二人の姿を見てもらうだけでも幸せのおすそ分けになるのですが、そのほかにもこの儀式には二人の新生活を誓い合う意味合いが含まれています。

次ではこのファーストバイトの意味についてみていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

ファーストバイトに何か特別な意味はあるの?

さて、このファーストバイト、何か特別な意味はあるのでしょうか?

 

ファーストバイトを和訳すると「ファースト」は「初めて」、「バイト」は「かじる」という意味になります。

二人で行う初めての共同作業であるケーキ入刀でカットしたケーキをお互いに初めてかじらせ合う。

ファーストバイトには、そんな特別な意味が含まれています。

 

新郎から新婦への一口は、「あなたを一生食べるのには困らせません」という意味を、そして新婦から新郎への一口は、「あなたのために一生おいしい料理を作ります」という意味を含んでいます。

二人のお互いの気持ちを再確認して、新しく始まる生活を二人で助け合いながらしていくと誓い合う素敵な儀式なのです。

 

イミテーションケーキでもファーストバイトはできるのか?

image2

Original update by : 写真AC

 

今は、生ケーキが主流になってきたような気がしますが、昔からあるウェディングケーキというのは豪華なタワーになっているイミテーションケーキですよね。

イミテーションケーキにすると天井高がかなりある披露宴会場などで見栄えがしますし、生ケーキよりも安価なためトータルコスト削減にもなるというメリットがありますよね。

 

こちらの場合はファーストバイトはできないのでしょうか?

ご安心ください!イミテーションケーキの場合でも、ファーストバイトを行うことはできるんです。
この場合は、あらかじめ用意したカットケーキを用いて行うことが多いようですよ。

 

ただし、イミテーションはあくまでもイミテーションですから、ゲストにふるまうことはできません。

生ケーキの場合は目の前でケーキ入刀したものをファーストバイトに使い、ゲストの方にも切り分けてデザートの時に同じものとして提供されますが、イミテーションケーキの場合は、そういうわけにはいきませんよね?

その場合は、別で用意した生ケーキがコースのデザートとしてついて来たり、別途デザートビュッフェなどを行ってケーキをふるまうようにしたりすることが多いようです。

必ずしもそうしなくてはいけないというわけではありませんが、新郎新婦だけがケーキを食べてゲストにはないのか?と不快に感じる方もいるようですので、プランナーさんと綿密に打ち合わせをした方がよいでしょう。

 

ファーストバイトを盛り上げる演出方法はある?

今では代表的な演出の一つになったファーストバイト。

ただ二人が仲良くケーキを食べさせ合う幸せな姿に癒されるのもアリなのですが、ここで出席してくださった皆さんに一つ笑いを提供するのも盛り上がってよいのではないでしょうか。

よくされる演出は、使うスプーンを特大のものにしたりスプーンではなくしゃもじを使って食べさせるものです。絶対に一口では入りきらないケーキを口に運んで顔中生クリームだらけにして、出席したゲストのうけを狙うものです。

これは、だいたい新婦から新郎へ食べさせてあげる時に行われますが、勇気のある新婦さんが時々やってたりもしますよ(^_^;)

あとは、「ラストバイト」といって新郎新婦がそれぞれの母親からケーキを食べさせてもらうものもあります。これは、「あなたたちへの最後の食事ですよ。これからは二人で頑張って生きていきなさい」という親からのメッセージを含んでいます。これも司会の方から由来説明なんか入るとジーンときますよね。

 

まとめ

いかがでしたか?

披露宴での初めての二人で行う共同作業「ケーキ入刀」と並ぶ、
見せ場になる「ファーストバイト」。

お互いの幸せを思いやる素敵な儀式で、
新生活の決意を新たにさせてくれるものかもしれませんね。

そして何よりゲストに楽しんでもらう演出の一つになりますので、
ぜひ派手にケーキをほおばってみてはいかがでしょうか!(^^)!





SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ