結婚式のペーパーアイテムを手作りする方法とは?

念願の結婚式。実はペーパーアイテムは手作りできることを、最近知ったんだけど・・・ 

何を作ることができるの?実際どうやって作るの?? 

 

SPONSORED LINK

 

最近ブームになってきた、手作りのペーパーアイテム。

「手作り」って心がこもっている感じもするし、手をかけている感じもあって素敵ですよね。
必要なペーパーアイテムや手作りのメリット、手作りする方法など調べてみました。

ぜひ参考に、手作りペーパーアイテムにチャレンジしてみてください。

 

結婚式に必要となるペーパーアイテムとは?

image1

Original update by : PhotoAC

 

結婚式に必要となるペーパーアイテムはどんな物があるのでしょうか。
順を追ってまとめてみました。

 

1.招待状

まず、欠かせないのは招待状です。

式の1ヶ月くらい前には手元に戻ってくる必要があるので、
式の2ヶ月程度前には発送したいものです。

文面を考え、印刷をしてから宛名を書くとなると、結構な時間がかかります。
宛名は毛筆でしっかりした書体が大切になりますので、ココだけはプロに頼む場合も多いです。

 

2.席次表

こちらも欠かせないペーパーアイテムのひとつですよね。

普通は「新郎友人」「新婦同僚」など書いてあるだけですが、
一人ずつ、肩書きのような形で人物紹介を書いた席次表などもゲストに喜ばれますよ。

 

3.席札

席札も定番のペーパーアイテムです。

新郎新婦からのメッセージカードとして使われることも多いようです。ひとりひとりにサンクスメッセージを添えた席次表は、ゲスト本人だけに向けた言葉ですので、ゲストがおおい結婚式の最中、とても嬉しい贈り物だと思われます。

 

4.メニュー表(おしながき)

お料理は結婚式でもメインなので、メニューはしっかりと用意するべきでしょう。

お料理が自慢の式場であればなおさらオシャレなメニューを作りたいですね。お料理にこだわりのある式場ですと、式場が用意することになっている場合もあるので、そこは確認してから進めましょう。

 

5.プロフィール

プロフィール表も今では一般的なペーパーアイテムのひとつになります。

新郎新婦の生い立ちや二人の出会い、今までの道のりなど、人物紹介をするものです。
1枚の物から、V字折、小冊子になっているものまで種類やデザインは多岐にわたります。

 

スポンサードリンク

 

結婚式のペーパーアイテムを手作りする最大のメリットとは?

さて、結婚式のペーパーアイテムを手作りする最大のメリットとは何でしょうか?

手作りでペーパーアイテムを作るメリットとしては、
やはり工夫次第でコストを抑えられるという点でしょう。

 

業者にお願いしてしまうと手間はかかりませんが、 結構なお値段がかかります。

たくさんの費用がかかる結婚式。少しでも出費を抑え、かけるべきところに費やしたいですよね。

ペーパーアイテムを手作りするとコストが抑えられます。ひとつひとつには手間もお金もかかるように感じますが、トータルするとやはり安いですね。

 

逆に、費用は掛かってもじっくりとこだわりの物を作りたいという方も、手作りすることを選択されているようです。デザイン性にこだわったり、立体仕上げにするなど1枚の印刷物ではできない作品として出せるという事も、大きなメリットだと言えるでしょう。

手作りならではの暖かさは、大量生産をする業者さんには出せません。その暖かさを確実にゲストは感じてくれるでしょう。

 

結婚式のペーパーアイテムを手作りする方法とは?

image2

Original update by :PhotoAC

 

手作りのペーパーアイテム、と一言で言っても方法がわからなければ難しいですよね。

手作りをする方法には様々なものがあります。手作りキットのようなものを利用して作るものが一番手軽で簡単に作ることができて、失敗も少ないのでおすすめです。

 

しかし、材料やデザインまでしっかりとこだわって作りたいという方もいるでしょう。

そういう場合は、以下のような流れでの制作過程になります。

ここでは、手作りをするための手順など方法について紹介していきます。

 

デザインを考える

最も大切なのは、やはりデザインですよね。

どのようなイメージの物を作るのかを決めなくては何も始まりません。

参考になるものはたくさんあります。ペーパーアイテムを作っている業者のホームページを見るのも参考になりますし、見本としていくつか資料を送ってくれる業者もあります。

また、動画サイトやブログなどでも見本となるペーパーアイテムのデザインがたくさん公開されていますので、参考にしながら自分たちが作りたいものを決めていくとよいでしょう。

 

材料をピックアップして購入する

制作のイメージができたら、どのような材料が必要になるのかや、どれくらいの量を必要とするのかをピックアップしてまとめましょう。

ペーパーアイテムとはいえ、必要となる材料は紙だけとは限りません。リボンやレースアイテムなど、文房具屋さんだけでは入手しきれないものもあるかもしれません。しっかりまとめて購入することで、むだな費用をかけずに済みますね。

 

印刷物には印刷をする

用紙は切ってしまうと、サイズが変わってしまい正確に印刷できなくなってしまいますので、印刷物は先に印刷してしまう事が大切です。

裏表などしっかり確認してプリントしましょう。

 

パーツをそろえる

カットするものは最初にすべてカットして、パーツとして準備しておくとスムーズです。

印刷が済んだ用紙や飾り付けなどに使用するリボンや装飾パーツなど、小さなトレイなどにそろえて用意しておくとやりやすいですよ。

 

組み立てる

実際に配る形に組み立てていきましょう。

糊付けなどをしてしまう前に、一度重ねて組み立てて問題がないことを確認しておくと安心です。

もし心配であれば、全ての用紙に印刷したりパーツをカットする前に、試作品を一つ作ってみるといいでしょう。それを見本にして、パートナーにも組み立てを手伝ってもらうのも楽しいですよね。

 

 

最後に、プリントするだけで簡単作れる結婚式の案内状づくりの動画をご紹介しますね。

 

 

このように、家庭用のプリンターで印刷して貼り合わせるだけでも、ハイセンスな手作りペーパーアイテムを作ることもできますので、変に気負わなくても大丈夫ですよ^^

100円ショップにあるスパンコールや小さな花などをつけてもかわいいですよね。

 

ちなみに、ロフトやインターネットショップなどでは、ペーパーアイテムを手作りするための材料やそれらがセットになった手作りキットなども販売されています。

下記ショップでは、とってもかわいくておしゃれなペーパーアイテムがそろっています。

印刷注文にも、手作りにも両方対応可能なキットを販売しているショップはそう多くはないかと思います。

サンプル品も取り寄せが可能で質感なども確認できますので、ぜひショップをチェックしてみて下さいね^^


>>平安堂オンラインショップ

 

 

まとめ

結婚式で必要なペーパーアイテムについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

手間をかけて、オリジナリティ満載のアイテムを作ることもできますし、
低コストでも簡単でおしゃれなものを作ることも可能です。

ぜひ、貴方だけのペーパーアイテムを作り、温かな結婚式を行ってください。





SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ