結婚式に必要なスピーチや挨拶とは?どんな順番で誰が行うの?

結婚式は決まったけれど、
挨拶やスピーチを誰にお願いしたらいいのかわからない・・・。

誰にどんなふうにお願いしたらいいのかわからない・・・。

恥ずかしくない結婚式にしたいなぁ。

 

SPONSORED LINK

 

結婚式場の予約が取れた!と大喜びしているのもつかの間、
式当日までとても忙しい毎日を送っていることと思います。

結婚式は一世一代の多イベントですよね。

結婚式では、たくさんの参列者や親族に
挨拶の言葉やお祝のスピーチをお願いすることになりますが、
どのような順番で挨拶をしてもらえばよいか悩んでしまう事もありますよね。

「年功序列」という言葉があるように、
挨拶をしてもらうための順序というのはとても大切なものなのです。

誰に対しても失礼にならないよう、ポイントを整理してみましたので、ご参考にして下さい。

 

結婚式に必要なスピーチや挨拶とは?

image1

Original update by :PhotoAC

 

一言で結婚式の挨拶・スピーチと言っても、多くの方から頂きます。
一般的な結婚式(披露宴)では、下記の様な挨拶が必要になります。

式によっては多少違いはあるかもしれませんが、
ご紹介いたしますので参考にしてください。

 

ウェルカムスピーチ

披露宴の開会を告げるための簡単なスピーチになります。
主に新郎が担当することがほとんどです。

新郎新婦から、ゲストの方々へ参加してくれたことや
祝福をいただいたことに対するお礼を述べる場になります。

 

媒酌人(仲人)挨拶

最近では、媒酌人や仲人を立てずに挙式や披露宴を行うことも多いようですが、
お願いをした場合は挨拶をしていただくこととなります。

挨拶の内容としては、挙式が無事に終わったことの報告や、
新郎新婦の紹介などといった内容になります。

 

主賓による挨拶(祝辞)

主賓格より祝辞をいただく場面になります。

多くの場合は、新郎や新婦の上司に当たる方や親戚を代表する方にお願いします。

 

乾杯の挨拶

披露宴の始まりの合図となる乾杯の時の短いスピーチです。

お世話になった方や、上司など目上の方にお願いするのが一般的です。

 

友人による祝辞

余興のひとつでもある新郎新婦の友人によるスピーチです。

多くの場合、友人とのエピソードなどを交えながら、
祝福の言葉をいただく内容となります。

 

親族謝辞

式へ参列いただいたゲストや、お世話になった方に対して、
親族を代表して謝辞を述べる場になります。

新郎の父親が担う場合が多いですが、
それぞれの両親どちらかや兄弟などが担当することもあります。

 

新郎謝辞

披露宴の最後を締めくくる挨拶です。

新郎が、ゲストへの感謝の気持ちや
これからの決意などを述べるスピーチになります。

 

 

ほとんどの場合、上記の様な挨拶やスピーチを披露宴の中で行っていきます。
では、この挨拶、どのような順番で行われるものなのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

結婚式のスピーチや挨拶の順番とは?

必要なスピーチや挨拶については先ほどお話しいたしましたが、
スピーチや挨拶の順番は決まっているのでしょうか?

やはり、順番は大切です。

どのような順序でスピーチや挨拶が行われるのか、箇条書きにまとめてみました。

  1. 新郎のウェルカムスピーチ
  2. 媒酌人や仲人による挨拶※ない場合は省略
  3. 主賓格の方のスピーチ
  4. 乾杯の挨拶
  5. 友人による祝辞
  6. 親族代表による謝辞
  7. 新郎の謝辞

 

ごく普通の披露宴であれば、この程度の数の挨拶が行われます。

また、スピーチとはちょっと違いますが、親族謝辞の前に
花嫁からご両親へあてたお手紙を読む場面もあります。

 

また、主賓格が2名以上いる場合は、
準主賓格の方のスピーチの方があとになります。

だいたい上記のような流れになりますが、演出内容などによって変動がある場合もありますので、
式場プランナーさんと打ち合わせをして確認をしておくと安心ですね。

 

必要な挨拶や順番は、このような感じになります。

 

 

結婚式のスピーチや挨拶は誰に頼むべき?

image2

Original update by : PhotoAC

 

挨拶やスピーチは、身内だけで済むものもあれば、
しっかりと依頼をしなくてはならないものがあります。

それでは、挨拶やスピーチは誰に、どのように頼むのがよいでしょうか。

スピーチは良くも悪くも、お互いに一生残ります。
今までの信頼関係やこれからの事も考え、しっかりと決めていきましょう。

 

最初のウェルカムスピーチは新郎本人で問題ないですね。ここは大丈夫です。
媒酌人や仲人がいらっしゃる場合は、そのままお願いをしましょう。

次に、祝辞を誰にお願いするかで、少し迷ってしまいますよね。

お仕事をしていらっしゃる場合は、
やはり上司や社長などにお願いをするのが一般的です。

友人代表のスピーチは是非とも親しい友人にお願いしましょう。
ココでしか聞けない本音も聞けるかもしれません。

 

最後の謝辞は一般的には新郎側の父親がしますが、
親族を代表する方にお願いする場合もあります。

また、そのあとに新郎本人から改めて謝辞をする場合も最近は増えています。

 

結婚式のスピーチや挨拶を頼む場合のマナーとは?

それでは、スピーチを誰に頼むか決まったところで、
早速お願いをしに行きましょう。

ここではスピーチや挨拶を頼む場合のマナーをお話していきます。

 

結婚式の日取りが決まり、挨拶を頼む人も決まったら、
まずは直接お願いに出向くのがマナーです。

相手にとっても準備が必要な事ですので、できるだけ早めがいいですね。

先方も一大イベントなので時間をかけて挨拶を考えてくれることでしょう。
時間に余裕をもって、菓子折などを持参するのもマナーです。

しっかりお願いをしましょう。

 

ちなみにこの場合、心付けとして金一封を渡すことは、
逆に失礼に当たる行為になりますので、気をつけましょう。

式が終わり、ひと段落してから改めてご報告の挨拶に出向き、
そこでお礼の品(引き出物とは別のお礼の品)を渡すのが一般的なマナーと言えるでしょうね。

 

まとめ

いかがでしたか?

一口にスピーチと言っても、たくさんの人から頂くことになります。

どのような方からどんな挨拶やスピーチが頂けるか、またその順番も大切ですね。

お願いされた方々は、お二人の為に、晴れの門出の舞台にふさわしい
ステキな言葉をたくさん考え、与えてくれることでしょう。

ステキな一生の思い出に残る結婚式になりますように。応援しています。

 





SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ