キリスト教結婚式って何?カトリックとプロテスタントの違いは?

結婚式は絶対協会でしたい!!

でもキリスト教徒じゃないけど大丈夫かなぁ〜( p_q)

 

SPONSORED LINK

 

結婚式を教会であげたいけど、キリスト教結婚式はよくわからない
という方もいらっしゃるでしょう。

今回はそんなカップルに、キリスト教結婚式の考え方や
あり方についてお話ししたいと思います。

ステキな結婚式のお手伝いができたら嬉しいなと思います♪

 

キリスト教式の結婚式ってどんな感じなの?

image1

Original update by : 写真AC

 

教会やチャペルで挙げる結婚式に憧れを持つ方は少なくありません。

キリスト教結婚式って聞くとキリスト教徒同士があげる結婚式のことだと思う方もいらっしゃるようですが、それは違います!

 

教会やチャペルで結婚式を行うことをキリスト教結婚式といいます。
新郎新婦がキリスト教徒じゃなくても、キリスト教結婚式はできるんですよ(^^)

むしろ、この挙式形式は現在の日本で最もポピュラーな結婚形式です。

日本人は宗教への執着が薄いので、キリスト教徒じゃない人も
クリスマスをお祝いしますよね?キリスト教結婚式もそれと同じです。

とはいえ、例外もありますので、このあとご紹介していきますね♪

 

スポンサードリンク

 

カトリックとプロテスタントなどで違いがあるの?

キリスト教結婚式は、カトリック式とプロテスタント式の2種類あります。

 

プロテスタント式は宗教にとらわれず、新郎新婦の両方ともキリスト教徒でなくても行える挙式スタイルです。

誓いの言葉も神父ではなく牧師に誓います。

日本人がキリスト教結婚式をするときに一番多いのが、
このプロテスタント式の結婚式になります。

 

一方、カトリック式は新郎新婦のどちらかがカトリック信者でないと行えません
神聖な儀式として、神父に誓いをたてます。

新郎新婦の両方がカトリック信者の場合は、
婚姻の祝別式と婚姻のミサ聖祭の2つの儀式を行います。

ミサ聖祭では聖歌隊が聖歌の合唱をしたり、
司祭が聖書を読んだりと、かなり本格的な儀式を行います。

映画や海外ドラマなどであるようにワインを飲み交わしたり、ひざまずいて誓う結婚式はカトリック式のキリスト教結婚式になりますので、新郎新婦が片方でもカトリック信者でない場合は、残念ながら行うことは出来ません。

 

キリスト教徒ではないけれどもキリスト教結婚式がしたいという方は、
カトリック式ではなくプロテスタント式で行って下さいね!

 

日本でのキリスト教形式の結婚式の大まかな流れとは?

image2

Original update by : 写真AC

 

先ほども書きましたが、日本でのキリスト教結婚式はプロテスタント式が一般的です。
ここではプロテスタント式のキリスト教結婚式の流れのお話をしていきます!

 

まずは招待した参列者が教会へ入堂します。
このとき、披露宴とは違って両親は前の席に座ります。

その後、牧師が式辞を読みます。
今から始めますと言うような開会宣言ですね。

次に新郎が入堂し牧師の前で新婦を待ちます。

そしてオルガンの演奏と共に新婦と新婦の父が腕を組み
ヴァージンロードをゆっくりと歩いて入堂します。

このとき、招待した参列者にも起立してもらいます。

新婦の父が新郎に新婦の手を託し、新郎新婦は祭壇前へ。
起立したまま全員で賛美歌を歌います。

 

着席し牧師が聖書の中から愛の教えを読み上げ、祈りを捧げます。

そしてついに誓約です。

これは映画やドラマなどでも有名な「誓いますか?」の一番大事なシーンです。
最初は新郎、続いて新婦が答え誓約をします。

誓約が終わったら指輪の交換です。二人の誓いを形として交換し合います。
牧師が結婚成立を宣言し誓約書にサインをします。

このとき証人のサインも必要なので誰にしてもらうか事前に考えてお願いしておきましょうね。牧師さんにしてもらっても大丈夫ですよ。

誓約書のサインが終わり、牧師が閉式を伝えたら新郎新婦は腕を組み、
一緒にヴァージンロードを歩いて退堂し儀式は終了です。

教会から退堂したあとは、フラワーシャワーやバルーンリリースなどの演出で新郎新婦の幸せをお祝いします。

 

以上がキリスト教結婚式の流れになります。
理想の結婚式ですよね!本当に憧れます。

 

 

キリスト教式でよくある演出とは?

先ほどは大まかな流れのお話をしましたが、
あくまでも基本的な流れになります。

現代の結婚式はカップルに合わせ、
個性的な演出をしてより良い結婚式にするのが流行っていますよね!

では、どんな演出があるのか少しご紹介します。

 

生演奏

新婦の入場の際にかかる音楽をオルガンだけでなく、
バイオリンやチェロなどで生演奏してもらいます。

自分の好きな曲をリクエストするのもそうですが、
会場の雰囲気もグッと盛り上がります。

 

子供たちのお手伝い

ドレスやタキシードでおめかしし子供たちに、
フラワーガールやリングボーイをやってもらいます。

緊張も解け賑やかな式になること間違いなしです。

 

フラワーシャワー

挙式後に参列者が新郎新婦に花びらをかけてお祝いします。

花びら以外にもライスシャワーやパールシャワーなどもあります。

 

どれもステキな演出ですよね。
自分たちにあった演出を考えてみるのも楽しいです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

教会で結婚式を挙げるのって本当にステキな事です。

キリスト教徒が少ない日本でもプロテスタント式なら
問題なく行えることも分かりました。

自分たちだけの演出を考えたりして、
一生忘れられないステキな挙式にして下さいね♪





SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ