披露宴のテーブルコーディネートで重視すべきポイントとは?

結婚披露宴を人生最高の一日にするために
テーブルコーディネートも自分でプロデュースしたい!

どこから手を付けるのが良いのかな?

重視するべきポイントってどこなんだろう?

 

SPONSORED LINK

 

結婚披露宴は、新婦さんが主役の人生で最高に幸せな日です。

そんな最高な一日にするために、
自分たちのこだわりをできるだけ形にしたいと思いませんか?

組み合わせによっていくらでも雰囲気が変わるテーブルコーディネートなので、
迷いも生じてくると思います。

今回は、そんな迷ってしまう披露宴のテーブルコーディネートについてまとめてみました。

 

披露宴のテーブルコーディネートとは?

 

Original update by : 写真AC

 

何度か結婚披露宴に出席すると、進行はさほど大差なかったりするのに
それぞれの披露宴でまったく雰囲気が違うのを感じたことありませんか?

もちろん会場が違ったり新郎新婦が違うのだから当たり前ではありますが、もし仮に同じ会場だとしても、テーブルコーディネート次第で全く違う雰囲気にすることが可能なのです。

テーブルコーディネートと一言で言っても、テーブルのレイアウト、椅子のカバーの色、使う装花の色、キャンドルサービスなどの演出、席札やお料理のメニュー表のデザインなど、様々なものがあります。

 

ゲストは披露宴の時間のほとんどをテーブルに着いて過ごします。

お料理の味はもちろんのこと、目でも楽しめるテーブルコーディネートでおもてなしして、
来てよかったと思ってもらえる披露宴にしたいですよね。

 

スポンサードリンク

 

披露宴のテーブルコーディネートを進める方法とは?

では、披露宴のテーブルコーディネートは、どのようにして進めるものなのでしょうか?

 

まずは、自分たちの思い描く披露宴のイメージを担当のプランナーさんに伝える事です。

最初は、「シックな雰囲気でいこうと思っている」とか、「明るい雰囲気が好きだ」という程度のざっくりしたもので構いません。

その後、ウエディングドレスやタキシードの色味が決まれば、それが映えるようにテーブルクロスの色を変えたり装花の色味を決めたりと、話が具体的になっていくと思います。

 

ここで注意しないといけない点は、披露宴をする会場によっては全て標準のものがセットされていて、それ以外のコーディネートを希望したら追加で料金が発生する場合があるということです。

予算の問題もあると思うので、ここだけはこだわりたいというポイントをしっかりと持っておくこともテーブルコーディネートをする時の大切なポイントですね。

 

披露宴のテーブルコーディネートで重視すべきポイントは?

Original update by : Hiroaki Maeda

 

披露宴のテーブルコーディネートで重視するポイントは、たとえばどのような点なのでしょう?

 

それは、やはり披露宴全体の雰囲気を左右するテーマカラーです。

色というのには、それぞれ印象というものがあり、披露宴や新郎新婦のイメージにもつながってきますので、このテーマカラー選びは非常に大切になるのです。

披露宴を行う季節によってテーマカラーを決めることができますし、自分達の共通の趣味や好きな色などテーマをしっかり決めて、プランナーさんにはっきり伝えることで色の組み合わせやアイデアをたくさん提案してもらえますよ。

 

また、考えたいのが衣装とのバランスや統一感です。

洋装か和装かによっても会場の雰囲気を、洋風にするか和風にするか変わってきます。

洋装のみでもお色直しした後の、
カラードレスの色との調和を考えて全体の色を決めると統一感が出ますよ。

 

また、使用するお花やアイテムなどによっても、印象を様々変化させることも可能です。

昔は使用する装花の花言葉によっては、使用を避けるお花もありましたが、
最近ではあまりこだわる方も少なくなり、自由度はアップしてきています。

小ぶりなお花を集めるのもかわいいですし、
大胆に枝ごとコーディネートされる方もいらっしゃいます。

ただし、ドレスなどと違って試してみる事ができない物になりますので、出来るだけ言葉だけでなく見本になるようなイメージ写真なども交えながら、相談するとよいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

二人のテーマカラーをしっかり決めてからプランナーさんと打ち合わせを重ねることで、
後悔しない満足のいく披露宴テーブルコーディネートが完成します。

準備期間をしっかり取っていれば、何度でも変更はきくと思いますので
こだわりを詰め込むためには余裕を持って取り掛かってくださいね!





SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ