ウェルカムボードは誰が作るもの?自作か誰かに頼むべきか迷ったときは

結婚式で受付のあたりで必ず見かけるウェルカムボードって誰が作るものなの?

自分で作るの?
それとも誰かにお願いしないといけない物?

 

SPONSORED LINK

 

結婚式の準備で忘れてはいけないのが、
ゲストをお迎えするためのウェルカムボードです。

結婚式会場に入るとゲストの目に最初に飛び込んできますね。

二人のために集まってくれたゲストのために
感謝を伝える大切なものだからこそ、ないがしろにはできません。

しかし、用意をするといってもただ購入すればよいという物でもないため
悩んでしまうカップルも少なくないようです。

今回は、結婚式の最初の顔となるウェルカムボードについてまとめてみました。

 

ウェルカムボードってどんなもの?

Original update by: Jennifer Murawski

 

結婚式会場に入るとまず目に飛び込んでくるのが、ウェルカムボードです。
これは、二人のために駆けつけてくれたゲストをお迎えする最初の顔です。

そもそもの目的はゲストへの会場案内ですので、
必ずと言っていいほど結婚式の日付や新郎新婦の名前が書かれています。

あとは二人の思い出の写真が飾ってあったり、
出会いにまつわるものが描かれていたりとそれぞれ二人のアイデアが凝らしてあります。

ここから結婚式の演出が始まっているといっても過言でないくらい二人のカラーが出ますよ!(^^)!

 

しかし、名前が入るという事は、どこかで売られているものを、
ただ買って用意すればよいというわけにはいきませんよね?

ではこのウェルカムボード、いったい誰が用意するべきものなのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

一般的には誰が作って用意するものなの?

披露宴へ足を運んでくださるゲストをお迎えするためのウェルカムボードですが、
一般的にはどのように準備されるものなのでしょうか?

 

最も多いのは、花嫁が手作りをして用意するという方法です。

実際、結婚式の準備リストの中に「ウェルカムボード作り」を入れるくらい、
一生に一度なので手作りに挑戦する人は多いです。

自分たちで用意することで、歓迎する気持ちを表せるという点もありますが、オリジナリティの高いものを制作してゲストを喜ばせたいと考えているカップルも多いのです。

また、ロフトや東急ハンズのようなショップでウェルカムボードの材料を調達することも可能で、割と手軽に作れるという事もあり、誰かにお願いせずに自分たちで用意しようと考える人もいるようです。

 

同じく自分たちで用意するという選択肢の中で、
次に多いのが専門の業者に作ってもらうという方法です。

式場の提携業者の他、ネットなどでも簡単に注文することができて、オリジナリティの高いウェルカムボードを制作してもらうことができます。おしゃれなものやインパクトの高いものなどを用意することができるのでおすすめです。

 

あとは、家族や親族にこういった制作が得意な方がいる場合など、
お願いをして作ってもらうという人もいます。

また、友人たちが「ぜひ作らせて欲しい!」と声を上げて、
新郎新婦へのお祝いの気持ちを込めて制作するという場合もあるでしょう。

 

実際、誰が作るという決まりやルールはありません。

もちろん、自分たちで作ったからといって「誰にも用意してもらえなかったのね・・」などと
誰かに思われるようなこともありませんので安心してくださいね^^

 

ゲストの目を引く素敵なウェルカムボード

Original update by : Nobuyuki Kondo

 

ウェルカムボードは結婚式会場の最初に目につくものです。

せっかくなら、思わずゲストが足を止めてしまうような素敵なものにしたいですよね。

どのようなものがゲストの目を引くのでしょうか?

 

ウェルカムボードの定番デザインとしては、
額縁を飾るようなイメージのものが非常に多いです。

ちょっと素敵な額縁などを用意して、「Welcome to our Wedding Celebration」「Welcome to our wedding reception」などの歓迎の文言や、二人の名前、そして披露宴パーティの日付などを、額の中に入れたりします。

ただ、それだけではごく普通のウェルカムボードになってしまいますので、その額縁のまわりを花で飾ったり、押し花などを一緒にあしらったりすれば、ワンランク上の素敵なウェルカムボードの完成です!

また、二人の今までがよくわかる思い出の写真を使って、ランダムに額縁のまわりに写真を貼り中央に二人の名前を入れたり、思い出写真をすべて縮小して大きなハートの形になるように貼り付けても、おもしろいと思います。

 

手作りしたいけど、イメージがなかなかわかないという人には
手作りキットもたくさん売られているのでご安心を!

ショップではおしゃれで素敵なキットがたくさんありますよ~

 

 

 

中には、レゴで文字を作って飾ったり、サンゴ礁で文字を書いたりと、ちょっと違った素材などを用いて作る変わったウェルカムボードを用意するカップルもいるようです。

これは、新郎新婦の思い出に関連するものや、趣味の物などがよいでしょう。

目にしたゲストは「あぁ、なんだか二人らしくていいよね^^」とつい笑顔になってしまう事でしょう。

 

他には、樹木の枝葉に出席してくれたゲストの名前やメッセージを書いてもらって完成させるような、ゲスト参加型タイプのウェルカムボードなどもあります。

また、葉のない枝に母印を押してもらって気を完成させるようなものや、未完成の絵にシールを貼って完成させるようなものもあります。

 

似顔絵などプロに依頼するカップルも多い!

そうはいっても結婚式は他にもたくさん準備することがあります。

あれよあれよという間に当日が迫ってきて、思うようにウェルカムボードを作れなかったという事態を避けるために、プロにお任せするカップルも多いです。

特に人気が高いのが、やはり新郎新婦の似顔絵が描かれたウェルカムボードです。

 

似顔絵は、ネット検索するとたくさんのイラストレーターの人がヒットしますので、
イラストの好みだけでなく実績や料金なども確認して依頼すると確実です。

納期も短期間で相談に乗ってくれる人もいますが2週間程度はかかるのが一般的のようです。

ただし、制作に時間がかかるものも少なくありませんので、
プロに依頼する場合は、できるだけ余裕を持って注文するようにしてくださいね。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

ウェルカムボードは、ゲストを迎えるための二人のおもてなしです。

結婚式の準備はこれ以外にもたくさんあるので、
ウェルカムボードだけにそんなに時間をかけられないと思います。

手作りでもプロに頼むのでも自分達らしい心のこもったものであれば、
ゲストにちゃんと気持ちが伝わるはずです。

結婚式当日から逆算して早め早めを心がけて
素敵なウェルカムボードを作ってくださいね(*^。^*)

 





SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ