挙式当日に行われる親族紹介とは?紹介の順番はどうする?

今日の挙式で初めて会う親せきもいるから、
両家親族紹介ってした方が良いよなぁ。

親族紹介ってどのように行うのが一番スマートなんだろう?

 

SPONSORED LINK

 

結婚式では、挙式前に親族紹介というものがあります。

親せきになる人たちのほとんどが当日初めて顔を合わせるわけですから、
ここでしっかりお互いを紹介して今後の親せき付き合いを良好なものにしたいですよね。

そこで今回は、親族紹介をする時のマナーや順番など注意すべき点をまとめてみました(^^)/

この顔合わせをないがしろにすると、
今後の親せき付き合いにも影響を及ぼしかねませんのでしっかり確認しておきましょう。

 

挙式当日に行われる親族紹介とは?

Original update by : 古 天熱

 

結婚式で行われる親族紹介とは、どのようなものになるのでしょうか?

そもそも結婚式というのは新郎新婦がつながるのではなく、お互いの家と家がつながる日でもあるわけです。当日列席してくださる親せきのみなさんは、その日が初めて顔を合わせるというのがほとんどになります。

そこで、それぞれの親せきを相手方に紹介する席を設けることを、親族紹介と呼ぶのです。

 

この親族紹介、マナーも知らずに親せきの方々に失礼なことをしてしまっては、せっかくの祝いの席に水を差すことになりますよね。これからの二人を取り巻く環境を良好なものにするために「これから末永く仲良くよろしくお願いします」という気持ちがスムーズに両家に伝わるようにしたいものです。

親族紹介は、両家の関係を円滑に結ぶための、
大切な時間だということはお分かりいただけたと思います。

しかし、実際にはどこのタイミングで行うものなのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

親族紹介をするタイミングはいつ?

親族紹介をするタイミングは、挙式前に行われる場合がほとんどです。

あらかじめ、それぞれの控室にプランナーさんや式場スタッフが、声掛けに来ますので細かい時間については特に意識していなくても大丈夫だと思います。

場所は、親族の待合室で親族紹介の時に部屋の間仕切りを外して行ったり、
別室に移動して行うなどすることが多いです。

 

場合によっては挙式後の披露宴開始前の待ち時間を利用して行われるケースもあるようです。

心配であれば事前に式場の担当プランナーさんとしっかり打ち合わせをして確認しておくと、当日慌てずに済むのではないでしょうか。

 

親族紹介の流れや順番は?誰が進行役になるの?

Original update by : 写真AC

 

さて、この親族紹介ですが、誰が進行役をするものなのでしょうか?

 

親族紹介の進め方ですが、媒酌人がいる場合は、媒酌人に挨拶をしてもらい、その後に、新郎の父が親族の紹介を行います。

つづいて新婦の父が親族の紹介を行う流れがごく一般的な親族紹介の順番でしょう。

不在の場合は、母親が代わりにしたり、新郎新婦自らが紹介することもあります。

 

新郎新婦も基本的には親族紹介の席にいますが、
場合によっては新郎新婦不在ということもあります。

当日にいきなり親族紹介をすることを告げると進行役の人も緊張したり段取りが悪くなりますので、あらかじめ親族紹介を行うことや、いつのタイミングでやるのかを伝えてお願いしておきましょう。

また、親族が多い場合は特にそうなのですが、
名前や続き柄を全員分頭に入れておくのは難しいものです。

事前に新郎新婦との関係性や
名前などを記したメモを準備して渡しておくと安心だと思いますよ。

 

親族紹介の順番はどうやって決める?

実際に紹介するとなると、どの順番で紹介するものなのかも気になりますよね。

一般的なマナーとしては、新郎側から行います。それから新婦側にバトンタッチします。

そして親族内での紹介の順番は、基本的に新郎新婦と関係性の深い順に紹介します。(まずは、家族からになりますね)

 

このように親族紹介の順番は決まっているので、事前に紹介する順番に並んでもらっておくと紹介がスムーズに行えます。

また、親族が多い場合は紹介の後に一言簡単な挨拶か会釈程度だと思いますが、親族が少ない場合は新郎新婦との思い出を簡単に話してもらってもその場が和むのではないでしょうか♪

 

まとめ

いかがでしたか?

親族紹介は、家と家の結びつきを円滑にして、
新郎新婦がこれからの新たな親せき付き合いを良好なものにしていく大切な第一歩です。

当日慌てて紹介が雑なものにならないように事前にしっかり準備しておきましょう。

 





SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ