披露宴のビデオ撮影を業者に依頼する方法は?注意点はある?

披露宴は一生に一回。

できればプロにキレイに撮ってほしい( ̄十 ̄)アーメン・・・

 

SPONSORED LINK

 

披露宴の写真を式場にお任せするのも良いのですが、
カメラマンを選んで依頼するという方法もあります。

こう撮られたい、こんな雰囲気の写真がいいなど要望が決まっていれば、
それができるプロのカメラマンに頼めば早いです。

しかしプロのカメラマンなんてどうやって探すの?
費用が高いのでは?という疑問も生まれてきますよね。

そこで撮影を業者に依頼する場合のアレコレをまとめました♪~(・ε・ )

 

披露宴の撮影を業者に依頼する方法とは?

image1

Original update by:Daniele Leoni

 

式場カメラマンではなく、業者に撮影を依頼したいと考える人は、
式を挙げる全体の2割ほどいるようですね。

こだわりの写真を残したい、お気に入りのカメラマンがいる、
など理由は様々だとは思いますが、一生に一度のことですから良い選択だと思います。

式場と提携している以外の撮影を業者に依頼する時にはいくつか方法があります。

 

 

インターネットなどで挙式専門の業者を探す

まずは、披露宴での撮影を得意としているような専門の業者さんなどがあるので、
インターネットで検索をして探すという方法があります。

業者のホームページではサンプルの画像などがあるはずなので、
それらを見ながら自分の理想に合った写真を撮影できる業者を選びましょう。

またこちらからの注文に答えてくれるのか、そのオプション料金なども、
十分に配慮して決めていきましょう( ゚ー゚)( 。_。)ウン♪

 

地域の写真館などにお願いをする

昔からある写真館などでも出張撮影をしてくれる場合があります。
めぼしい業者が見つかったら実際に訪ねて詳しい話を聞きましょう。

または電話などで問い合わせても良いです。

相手の人柄や業者の雰囲気なども依頼する時の目安になると思います。
遠慮はせずに気になることはどんどん聞いておきましょう。

 

理想に合っていると思った方にお願いする

実際の写真を見たり、話を聞く中で、自分の理想の写真を提供してくれると実感したのであれば、
その業者に依頼するという選択肢もありますv(*’-^*)-☆ ok!!

この場合は、直接お願いをしたり所属している会社などに問い合わせをして
お願いできるかを聞くとよいでしょう。

 

 

披露宴の撮影を外部の業者に依頼する方法は様々ですが、
撮影技術や写真の特徴などにもいろいろ違いはある事でしょう。

また、依頼先によって費用は様々です。

実際、外部の業者に依頼した場合、どれくらいの費用が掛かるものなのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

披露宴の撮影を業者に依頼する場合の費用はどれくらい?

式場カメラマンと比較して、披露宴の撮影を外部業者に依頼した場合、
費用が安く済むというメリットがありますヾ(@^▽^@)ノ ワーイ

式場カメラマンの相場は10万円~20万円ほど。

そこにこだわりをプラスすれば30万円を超える場合もありますΣ(゚皿゚) ガビーン

それに対して業者の場合は5万円ほどから10万円くらいに納まる場合がほとんどです。
業者を探すという手間がありますが、費用が安いのは魅力ですね。

 

撮影を受けてくれる業者には様々なプランが用意されています。

 

例えば…

撮影基本料が設定されていて、そこにオプション料金を追加していくプラン。
撮影枚数を指定して披露宴だけでなく支度シーンやメイクシーンも含めた撮影プラン。

また結婚式・披露宴だけでなく二次会まで撮影OKなプランなど…

 

業者によってプランは様々なので、どこまでの写真が欲しいのか、
どんなシーンを撮影してほしいのかなどこだわりを十分に発揮できるはずです。

こんなにこだわりの写真を撮影してもらえるのに、
費用は式場カメラマンより安い傾向にあるのは嬉しいですね。

では、実際に撮影を依頼する場合、何か気を付けるべき点などはあるのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

 

披露宴の撮影を業者に依頼する場合の注意点は?

image2

Original update by:サヨ

 

披露宴の撮影を業者に依頼する場合は、
事前に確認することやいくつかの注意点があります。

はじめから式場カメラマンにお願いする予定なら問題ないのですが、
外注でお願いしようと考えている場合は式場に確認しておくことがあります。

 

ひとつは外注カメラマンが入ることで持ち込み料がかかるか否かということ、
かかる場合はいくらなのかということです(@Д@; アセアセ・・・

持ち込み料があまりに割高なのであれば、
外注よりも式場カメラマンの方がコストダウンになる場合もあります。

また式場によって外注はNGというところもあるので気を付けましょう。

 

次に、外注のカメラマンがどこまで入っていいかというのもポイントです。
式場によっては撮影禁止区間が設けられていることがあります。

変な話ですが外注カメラマンはNGで友人カメラマンならOKという場合もあります。

そういった場合に、外注カメラマンを知り合いのカメラマンとして、
撮影に協力してもらうような流れを作ることもあるようです( ̄ー ̄)ニヤリッ

 

ですから、メイクルームやフロアなど挙式場や披露宴会場以外での撮影も考えている場合には、
式場にカメラマンの話を持ち込むときも最初から「外注の…」とは言わずに、

「友達にカメラ好きがいるのでお願いしようとしている」
「ゲストの中にカメラマンがいるのでお願いする予定」など

知り合いっぽいニュアンスで探りを入れることも、
一つのテクニックになるかもしれません(。-_-。 )ノハイ

 

ただし、嘘をついたままで挙式当日にバリバリ業者のカメラマンが入るのは、
お互い心象が良くないかと思います。

外注でも問題がないとわかった時にはしっかりと訂正しておいた方が安心ですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

外注でカメラマンにお願いしたいということを考えているのであれば、
式場を予約する時に詳細を確認しておく必要があります。

そしてせっかく業者に依頼するのですから
自分の理想に最も近いカメラマンを選ぶようにしましょう。

ポイントを押さえて後悔のない披露宴にしてくださいね(≧∇≦)キャー♪

 





SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ