ブライダルフェアとはどんなもの?参加時に注目すべき点は

彼がブライダルフェアに誘ってくれた!

そもそもブライダルフェアに参加して何するの?

見ておくポイントってあるのかしら・・・?

 

SPONSORED LINK

 

結婚準備を始めると、ブライダル雑誌などで
よくブライダルフェアのイベントの告知を目にするようになりますよね。

しかし、実際にはどのような催しがされているのか
あまり詳しく書かれておらず、よくわからないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、ブライダルフェアがどのようなものなのかについてまとめてみました。
ぜひ参考にしてくださいね。

 

ブライダルフェアとはどんなもの?

image1

Original update by : PhotoAC

 

まずは、ブライダルフェアとはどのようなものなのかについてお話ししたいと思います。
これは簡単に説明すると「結婚式場の見学会」「ブライダル体験イベント」になります。

模擬挙式や模擬披露宴などのデモンストレーションの体験、婚礼料理の味を自分で確かめられる試食会や実際にドレスを着用できる試着会など、本番さながらの結婚式の雰囲気やサービスが楽しめます。

結婚式場の挙式会場や披露宴会場の雰囲気を事前に知ることができるチャンスです。

 

また、その場で成約すると割引などの特典を受けられる式場もあるようです。さらにプランや金額など、プランナーさんとに細かい相談ができるので、結婚式のイメージをより具体化することも可能です。

 

もちろん、下見という形で参加してもらうのが会場側の目的ですので、成約の義務などはありません。プランナーさんが強く勧誘してくるという事もありませんので安心して参加していただいて大丈夫です。

ぜひ、ブライダルフェアに参加して、自分たちの結婚式を見つけましょう。
無料で参加できる会場が多いので、気になる式場へは足を運ぶといいでしょう。

 

ブライダルフェアの具体的な内容はどんな感じなの?

ブライダルフェアには様々な種類があります。

そんなブライダルフェアとは、「式場の見学」ですが、実際にどんな様子なのでしょうか?

会場の設営だけがされていて、テーブルコーディネートなどが見学できるようなシンプルなものもあれば、模擬結婚式などを通して、食事会まで行われる大規模のものまであります。

それぞれについて、わかりやすくまとめてみました。

 

相談会

コーディネーターやプランナーにいろいろ相談や質問をすることができます。希望や要望、アドバイスなどを受け、気軽に心おきなく相談しましょう。簡単な見積なども出してもらえますので、契約するしないに関係なく、ここは気軽にお願いしてもよいでしょう。

 

試食会

無料の試食会もあれば、有料の場合もあります。披露宴で実際に出されるお料理がひととおり試食できるものもあれば、一部のみ試食できるという場合もあります。

メインとなるお料理がどういうものなのか、味や品数、雰囲気を確認できるチャンスになります。

 

模擬挙式・披露宴

結婚式当日のような流れで、モデルさんが行う式に参加する形での模擬結婚式では、試食会も兼ねて行われることがほとんどです。挙式と披露宴に参加すると、よりイメージが湧きやすくなります。様々な流行の演出方法やBGMについても確認できる場となりますので、隅々までチェックするといいですね。

 

ドレス試着会

結婚式に着たいドレスや着物を試着できます。気になる衣装はどんどん試着し、お気に入りを見つけましょう。会場によっては、写真撮影OKの場所もあるのでできれば撮影をして比較検討する材料にするとよいですね。試着会がある時は、脱ぎきしやすい服装で行くのがオススメです。

 

婚礼アイテム展示会

会場に飾るもの、参列者への引き出物など、婚礼のアイテムはたくさんあり、決定に悩むことが多いです。アイテム展示会では、お菓子系の引き出物をお土産としてもらえたり、試食ができる場合などもあります。実際にどういうものがあるのかを見て、早いうちから検討しましょう。

 

このように、ブライダルフェアは、結婚式とはどういうものなのかを知るチャンスになります。

式場によっては当日、飛び込み参加ができる場合もありますが、基本的には予約制となっています。また、定期的なブライダルフェアを実施していないところの場合は、予約が入った場合のみ開催する、という場合もあります。

結婚への第一歩として、まずはデートがてら軽い気持ちでブライダルフェアに参加してみませんか?

 

ブライダルフェアの参加に適した服装とは

image2

Original update by : PhotoAC

 

初めてのブライダルフェアだと不安になりますが、ブライダルフェアの服装は、最低限のポイントを押さえておけば大丈夫です。

服装の目安は、「普段着」か「ちょっとオシャレする」くらいの服装です。ブライダルフェアはあくまで結婚式場の見学です。結婚式に出席するときほどの正装は「やりすぎ」ですので要注意です。

カジュアルな服装でいいのか、カッチリした服装がいいのかは、ブライダルフェアの会場によっても異なります。

ゲストハウスのブライダルフェアなら、サンダルやブーツでも大丈夫そうな雰囲気もありますが、高級ホテルの場合、デニムパンツやパーカー等で、ロビーをウロウロするのは違和感がありますよね。会場によって見極めるのが、ひとつのポイントです。

また、ブライダルフェアの内容に試着会がある場合、脱ぎきしやすい服、インナー、髪型のセット、メイクなど、気にしておくポイントがありますね。模擬挙式や模擬披露宴のある場合は、多少服装に気を使った方がいいですが、普段着で十分だと思います。

 

ブライダルフェア参加時に注目すべき点は?

フェアでの一番大切な見学ポイントは、その式場のプランナーさんになります。

通常の結婚式場では、フェアに参加した時に案内をしてくださった担当のプランナーさんが、当日まで担当してもらうプランナーさんになることが多いです。案内をすることに夢中なプランナーさんより、二人のウェディングプランを聞き入れて、提案をしてくれる方は安心感がありますね。

実際、プランナーさんとの相性や接客態度、質などはかなり大きなポイントになります。プランナーさんの話に疑問を感じたり、少しでも迷う事や妥協できない部分があったら、他の式場を見て、比較検討することも大切です。

 

あと、注意したいのはお見積りです。見学会で提示される金額は、最低金額だと思いましょう。その他にオプションがいっぱい追加されていくのが一般的ですので・・・実際は跳ね上がります(>_<)

この点を頭に入れながらブライダルフェアを見学すると良いでしょうね。

 

まとめ

いかがでしたか?

ブライダルフェアには結婚式の見本だけでなく、
たくさんの情報が詰まっています。

ぜひ、数多くのブライダルフェアに出かけ、
お二人にピッタリの式場とプランナーさんを見つけてください。





SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ