海外で挙式をする際にかかる費用と注意点は?

ロマンチックに海外で挙式を挙げたいなあ。

二人でどうしたらいいかしら?

 

SPONSORED LINK

 

大好きな人と結婚が決まって、
挙式と新婚旅行を考える楽しい時間が始まりますね。

晴れの舞台だからこそあこがれている海外での挙式を実現したいもの。

 

海外挙式は国内挙式より準備期間も短くて済み、
新婚旅行も兼ねて出かけられるので、費用もお得にできることが多いのです。

海外ならではの景色を楽しみながら、感動する結婚式を挙げましょう!

まとめてみたのでチェックして下さいね。

 

海外で挙式をする際にかかる費用とは?

image1

Original update by : 足成

 

新婚旅行も兼ねて海外挙式を考えているけど、費用がどれだけかかるか解らなくて心配ですよね。

海外で挙式を挙げるカップルの平均費用は、約170万円~約190万円と言われています。

ブライダル総研による2015年度の調査結果によると、海外ウェディングにかける費用の額は189.6万円となっており、前年と比較すると増加傾向にあるようです。

 

 

image2

出典引用:リクルートブライダル総研

 

国内での結婚式の平均が300万円前後だといわれていますので、
比較をするとリーズナブルといってもよいかもしれません。

その費用の内訳は大きく分けて以下の三つになります。

 

1.挙式費用

会場使用料、牧師謝礼、結婚証明書、コーディネーター付き添い、
新郎新婦の衣装、ヘア・メイク、音楽、ブーケ・ブートニア、写真・アルバム、DVDなどです。

調査によると、これら挙式にかかる費用は平均して80万から90万円程度になっているようです。

オプションなども加えると、当然費用は上がっていく部分になります。

 

2.現地でのパーティや会食費

日本でいう披露宴みたいなものに当たるイメージのものになります。
海外挙式の場合では、近くのホテルやレストランなどを利用して食事やパーティを楽しみます。

一般的には13万円から15万円程度のようです。

 

3.旅行費用

航空券代、ホテル宿泊費、滞在中の飲食費、現地での移動交通費、ショッピング、お土産代、観光費などがこれに当たります。

基本的には、新郎新婦2人だけの航空代金と宿泊費だけでも60万円~となっています。

 

 

この内訳のなかでそれぞれのカップルで大きく費用が異なるのは旅行費用の部分です。

日本から離れれば離れるほど渡航費はかかり、宿泊代も日数が増えて余分にかかります。特別な日のために飛行機やホテルのグレードをあげるとまた費用がかかりますよね。

 

ちなみにハワイやヨーロッパでの挙式は、平均より10万円程高い傾向にあります。
逆にグアムやアジアでは20万円程、挙式費用が低い傾向にあるようです。

出かける季節も関係して、雨期乾期がある国では雨の多い雨期はオフシーズンとなり費用が安く、国内旅行と同じくGWやお盆の時期では、どの国に出かけるのも旅行費用が高めに設定されています。

海外挙式の費用は、このように挙式をする場所や出かける季節によっても大きく変わってきます。

 

また、二人だけの挙式と参列者をお呼びして行う挙式とでは、参列者の人数の違いで費用が異なります。海外までお祝いに来てくださるのは、親族と限られた友人たち数名のケースが多いのですが、親族と友人たちの渡航費と宿泊費を二人がどこまで負担するかにより費用も変わります。

一般的には、両親に旅行をプレゼントするつもりで渡航費と宿泊費を二人で負担して、逆に友人たちにはご祝儀をいただかない代わりに、旅行代は各自でお願いする場合が多いようです。

 

あこがれている海外での挙式にかかる費用の中身は、だいたいイメージはできましたでしょうか?

では、次にどの場所で挙式をするのか考えてみましょう。

カップルに人気のある国を次にまとめてみましたので、チェックして下さい。

 

スポンサードリンク

 

海外で挙式をするとしたらどの国がおススメ?

愛する人とロマンチックに海外で挙式を挙げたいけど、どの国が良いかしら?

カップルに断然人気があるのは、やっぱりハワイです。海外で挙式を挙げた国別を調べてみると、ハワイが約半数を占めて次にグアムが続きます。

二つの国に共通しているのは、青い空と青い海。そしてまぶしい太陽!!ちなみにハワイのなかでは、オアフ島で挙式を挙げるカップルが90%以上になります。

 

では、ハワイがどうしてこんなにも人気があるのでしょうか?

一番の理由は、一年を通して天候が安定していることです。一日のうちで雨が降ってもすぐカラッと晴れるので、屋外での写真撮影や観光に適しています。お祝いの日は太陽にも微笑んでもらいたいですよね。

 

もうひとつハワイが人気の理由は、日本人カップルの挙式実績が多く安心なこと。

チャペルも多く、挙式を用意する手配会社が複数あるのでプランや費用の見比べが出来るうえに、自分達に合った挙式プランをしっかり選ぶチャンスが多くなるのですね。

 

では、次に人気があるグアムの良いところは何でしょう?

グアムと日本の距離は2500kmしか離れていないので、渡航時間がハワイの半分です。

挙式に参列する親族のなかには、飛行機が初めての人や長い渡航時間が苦手な人もいるかしれませんが、3~4時間なら比較的楽な気持ちで来て下さるのではないでしょうか?渡航時間が短いと、渡航費と宿泊するホテルの日数も抑えられ費用が節約出来るのも人気です。

 

挙式で人気のある場所はハワイとグアムの他に、ヨーロッパ(イタリア)、アジアのリゾート(バリ島)、オーストラリアと続きます。

二人で良く話し合ってお気に入りの場所をみつけて下さいね。

 

それでは、次に海外で挙式をする際の必要な準備について考えてみましょう。

まとめてみたのでチェックして下さいね。

 

 

海外で挙式を行う場合に必要な準備とは?

image3

Original update by : 足成

 

海外で挙式を行うための必要な準備はどのようにしたら良いでしょうか?

 

はじめの準備として大切なことは、挙式をまとめてくれるウエディングプランナーさんを探すことです。やみくもに準備といっても、わからないことが多いのでプランナーさんと話しながら、挙式や新婚旅行に必要なプランをどうするか煮詰めていくのです。

プランナーさんは、海外挙式をプロデュースする手配会社の人で今後いろいろな相談にのってもらうため、二人のフィーリングとも合う信頼できる人が良いですね。手配会社を探すときは、複数の会社に資料を取り寄せして検討することおすすめです。

 

海外挙式の準備期間は、半年から一年のカップルが多いようですが海外挙式を考え始めたら、パスポート取得の申請をしましょう。また、パスポートの期限切れのチェックもしっかりしておきましょうね。

それでは最後に、やはり国内挙式とは違って海外挙式では心配な点もいろいろ気になりますよね。

海外挙式を行う前に気をつける点をチェックしましょう。

 

海外挙式で気を付けるべき注意点は?

海外挙式に注意するポイントは何でしょうか?

 

1,パスポートを用意する

海外に出かけるので、パスポートが必要なことは当たり前ですが渡航前に入籍を済ませて、苗字が変わった方は注意しましょう。

旧姓のパスポートでも渡航出来ますが、クレジットカードや海外旅行保険に記載されている名前と違っているとカード等が使用出来ません。渡航前にパスポートの名前を旧姓から早めに変更しておくことをおすすめします。

 

2,忘れ物をしない

挙式に必要なものを自分達で用意しているカップルは、国内と違って現地ではなかなか調達出来ないものもありますので忘れ物にはくれぐれも気をつけましょう。

また、環境や食べ物も変わるので胃腸薬や頭痛薬など常備薬も持っていくと安心です。

持っていく薬は国の基準によって持込が禁止されている薬もあるので、出かける前に要チェックですね。コンタクトレンズの保存液は、医薬品なので機内で使用分は機内持ち込みOK。残りはスーツケースに。

 

3,挙式に参列してくれた方々に帰国後早めにお礼を伝える

海外まで出かけて参列してくださった皆さんに、帰国後早めにお礼の連絡をしましょう。

挙式、新婚旅行から帰って引越し等や仕事が始まりあわただしくなりがちですが、遠い場所までお祝いに来てくれた方々に感謝の気持ちを帰国後早めに伝えます。

 

体調に気をつけて、事故や盗難等にあわないように注意する点は海外挙式でも海外旅行でも同じです。

出発前にしっかり準備をして、海外挙式と新婚旅行を素晴らしい二人の思い出にしましょうね^^

 

まとめ

いかがでしたか?

思い出に残る二人にぴったりな海外挙式が出来そうですね。
準備も二人でいろいろ話し合いながら、仲良く進めて下さいね。

どんな景色と感動が二人を待っているでしょうか?
今からワクワクしますね(*ˆ▽^*)





SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ