式で新郎の父親が行うスピーチとは?参考となる例文はある?

新郎父親のスピーチの内容が、なかなか決まらない。

気の利いたセリフのひとつでも入れ込みたいし・・どういうものがいいんだろう?

 

SPONSORED LINK

 

結婚式では締めが近づくころに、親族による謝辞の挨拶という物があります。
結婚式は最愛の息子の晴れの舞台となる、一世一代のイベントです。

ご自身の悔いの残らないようなスピーチの構成を考えてくことが大切です。

今回は、そんな親族挨拶の重要となる時間配分についてや、
スピーチの内容などをまとめてみました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

式で新郎の父親が行うスピーチとは?

image1

Original update by : photoAC

 

親族によるスピーチは、一般的に結婚式の終わりの一歩手前のあたりで行われます。
親族代表挨拶は、一般的には新郎側の父親が行うことが多いです。

状況によっては新婦側の父親や、場合によっては兄弟などが務めることもあります。

人生においての先輩として、模範となるよう話すことが大切です。

 

緊張する気持ちもわかりますが、カンペに書いた定型文通りの文章をただ棒読みで読むのでは、気持ちもこもらず形式だけのものになってしまいます。まずは、ゲストをはじめスピーチや余興をして頂いた方達に、感謝を述べお礼の言葉を伝えましょう。

ゲストからも参列して良かった、この結婚式に参加して良かった
と思ってもらえるような言葉=ていねいな謝辞がとても大切です。

しわくちゃのメモ用紙を片手に棒読み・・・
なんてことには絶対ならないように、事前にしっかりと準備をしましょう。

 

スポンサードリンク

 

新郎の父親のスピーチはどれくらいがベスト?

image2

Original update by : photoAC

 

スピーチの長さ、気になりますよね。

親族のスピーチは式の最後の方に組み込まれていることが多いです。
そうなると、参列者もすこし疲れてきています。

やはり、長すぎると話の内容は参列者の頭には残りませんよね?

 

ですので、2~3分程度が妥当ではないでしょうか。

約3分間とはいっても、まとまらない状態のまま頭で考えながら話してみると、以外にも長いです。

しかし、要点をあらかじめ整理したうえで、抑揚をつけてはっきりと心をこめた言葉を伝えれば、ちょうど良い時間だと思います。

しっかりと構成を練って、大切なことを解りやすく、心をこめてご自身の言葉で伝えましょう。

心配であれば、メモなどに要点をまとめたものを用意してもいいですね。
その場合、誰かにあてて贈る手紙のつもりで本気で書きましょう。

 

まずは、話す構成を考えてみましょう。

一般的には、

1.出だしの言葉
2.感謝の言葉
3.依頼の言葉
4.締めの言葉

というような構成になります。

それぞれ、順を追って説明していきましょう。

 

  • 出だしの言葉
    最初が肝心ですが、緊張は禁物です。まずは自己紹介をしましょう。そして、参列して下さったこと、祝福して下さったことへの感謝の気持ちを込めた挨拶を述べましょう。
  • 感謝の言葉
    二人の為に集まって下さった参列者の方に、感謝の気持ちを伝えます。ゲストをはじめ媒酌人などに対して簡潔に感謝の言葉を述べましょう。
  • 親としての気持ち
    息子さんの幼いころのエピソードなどを通しながら、結婚に対する親としての気持ちを簡単に述べます。息子と結婚してくれたお嫁さんへの感謝の気持ちなども、ここで述べるとよいでしょう。
  • 今後のサポート依頼の言葉
    未熟な二人を支え、励ましてください、というみなさまへのお願いを込めた言葉を伝えましょう。
  • 締めの言葉
    参列者の健康とご多幸を祈る言葉を添え、親としての感謝の気持ちを再度述べ、締めましょう。

 

基本的には上記のような流れに沿って構成を組んでいきます。

少しくらい余裕をもって、アドリブなど入れても父親の懐の深さが伝わりそうです。

親としての気持ちの部分は、お子さんを立てつつ
簡潔にまとめると聞き手としても安心してきけるかと思います。

 

新郎の父親向けスピーチの例文はある?

いろいろと説明をしてまいりましたが、やはり例文を見ると
よりわかりやすいかと思いますので、少し紹介したいと思います。

例えば、こんな挨拶はいかがでしょうか。

 

 

出だしの言葉

本日は、皆様ご多用中のところ
○○、○○の結婚式披露宴にご列席たまわり、誠にありがとうございます。

ご紹介にあずかりました、新郎の父○○でございます。
両家を代表いたしまして、お礼のご挨拶を申し上げます。

 

感謝の言葉

皆様より、温かいご祝辞や励ましのお言葉をちょうだいし、
心より御礼申し上げます。

感謝の気持ちでいっぱいでございます。

 

サポート依頼の言葉

本日晴れて夫婦となったふたりですが、まだまだ至らぬところもございます。
どうか今後とも、お力添えくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

締めの言葉

本日は慣れない宴席で不行き届きの点もあったかと存じますが、
どうかお許しください。

結びに皆さまのご健康とご多幸を願いつつ、
両家代表のごあいさつとさせていただきます。

本日は、まことにありがとうございました。

 

 

あくまでもこちらで紹介したのは、ごく一部の例文です。
それぞれのご家族によっても適切な言葉というのは変わってくることと思います。

親としての気持ちについては、例文をご用意いたしませんでしたが、
新郎新婦の幼いころのエピソードや、成長に驚かされた話などを先に述べましょう。

そのあとにつづいて、お嫁さんに関するエピソードや、
お嫁さんへの感謝の気持ちなどを伝えればよいかと思います。

 

大切なのは、ゲストへの感謝の気持ちになります。

上手に話すことも大切ですが、気持ちを込めてゆっくりと伝わるように話すことが、
最も大切なポイントになりますね。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

大切なご子息の晴れの舞台での父親の姿。

緊張はするかと思いますが、ある程度の定型の流れというものはありますので、
それに沿って落ち着いて話せば大丈夫です。

父親の威厳と優しさを存分に練りこんだスピーチをご披露下さい。

練習がモノを言いますから、本番前にはしっかりと練習して下さいね。
ぜひ幸せな結婚式をお迎えください。

 





SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ