知っておきたい挙式と結婚式の違いとは?参加者や金額の違いとは?

そろそろプロポーズされるかも♪結婚にむけていろいろ調べないと~❤

ところで「挙式」と「披露宴」って、何がどう違うんだろう?(’0’)

 

SPONSORED LINK

 

結婚式にむけていろいろ調べるのって楽しいんですが、
わからない事もでてきますよね~(^^)

結婚には挙式と披露宴があります。
この2つの違いっていったいなんなのでしょうか?

ここでは、「挙式」と「披露宴」についてまとめてみました。
将来の結婚のためにも知っておいてください!

 

割と知らない人も多い!挙式と結婚式の違いって?

image1

Original update by : Michael Salvato

 

挙式・結婚式・披露宴と言い方がいろいろあって、全部同じ意味では?と思いがち。
結婚式に出た事があると思っていたら、それは実は披露宴だったりして・・。

実は、これらにははっきりとした違いがあるのです。d(-∀-●)ジャーン

 

 

それぞれの意味は・・・

 

挙式

式を挙げること。

 

結婚式

神前・仏前・人前で結婚する宣言を行うこと。

 

披露宴

親戚や友人などを呼び、二人をお披露目する宴会のこと

 

うーん。

式だの宴会だのってちょっとややこしくて混同してしまうのはわかりますよね。

一番ややこしいのは挙式と結婚式の違いかと思いますが、
挙式は「結婚式を挙げること」を指す言葉になります。

この違いがわかってくるのは、
やはり結婚について調べだした時ではないでしょうか?

それにしても、具体的には、それぞれどこがどう違うのかよくわからないですよね(笑)

 

これらの中で、とくに勘違いされたり混同されがちなのが
「挙式」と「披露宴」ではないでしょうか?

どうしてこれらがごっちゃに捉えられてしまうようになったのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

挙式と披露宴が混同されやすい原因って何?

内容が少し似ている挙式と披露宴ですが、
混同されやすい原因って何なのでしょうか?┐(゚~゚)┌

挙式とは、主に親族や近しい友人のみで執り行われる儀式です。
(ここでは、挙式=結婚式だと認識してOKです。)

 

挙式が儀式とすると、披露宴はお祝いの宴会となりますね。

披露宴には、挙式や結婚式で招待できなかった友人や職場の方々を呼びます。
披露宴に出席できなかった方は披露宴の二次会に、というのが一般的でしょう。

 

挙式に招待する方は披露宴にも出席してもらいます。
挙式には招待したのに、披露宴には招待しないという事はありません。

そのため、混同される理由の一つとしては「両方参加するため、全部を含めて結婚式という認識を持っている」というところからきているという事が考えられます。

もう一つ、こちらは挙式に出席していなくて、披露宴のみに出席した方からの考え方になりますが、披露宴で二人の結婚を祝福した、という認識から「結婚式に出席したと勘違いしてしまう」という事も可能性としてはあるという事です。

 

これは、勘違いする原因になりそうですよね。

まあ、勘違いしていても別段問題はないのでは?と個人的には思うのですが、会話の中でそれぞれが違う認識で、ズレたまま話していたという事は避けたいですね(笑)

では、挙式に呼ぶ人、披露宴に呼ぶ人に違いはあるのでしょうか?

 

挙式に呼ぶ人・披露宴に呼ぶ人の違いは?

image2

Original update by : Katsu Nojiri

 

挙式に呼ぶ人と披露宴に呼ぶ人には違いがあります。
それぞれどんな人たちを招待するのでしょうか?

 

挙式

主に親族を招待します。

家族・仲人さんの他に親戚など。

 

披露宴

挙式で招待した人の他に、上司(社長などの役員クラスや直近の上司)・恩師・同僚・部下・友人などです。

披露宴に招待する人は、「本当に来てほしい人」と「立場上呼ばなくてはいけない人」のふたつのタイプに分かれる事もあります。(*・∀-)b

 

また、人数の都合や人間関係などで挙式や披露宴に招待することが出来なかった人たちや、都合で挙式や披露宴に出席できなかった人達、特に「友人レベル」の人たちで二次会を行ったりします。

挙式や披露宴に出席した人も二次会に出席することもあります。

主に・友人知人、先輩後輩、職場の人などです。

 

ちなみに、新郎新婦名で二次会の招待状は出しますが、二次会とは本来、友人たちが幹事になって新郎新婦をもてなすものになります。

ですので、会費制をとっていることが多くなります。

 

挙式と披露宴では招待する人が違うのがわかりましたね。
ところで、この挙式と披露宴の費用ってどれくらいかかるのでしょうか?

 

挙式と披露宴、お金がかかるのはどっち?

挙式と披露宴、一般的には両方その日に行うことが多いのですが、実のところどちらの方に、よりお金がかかるのでしょうか?

披露宴を含めた結婚式の費用の全国平均は約333.7万円となっています。(2014年データ) (≡゚∀゚≡)オオ!

うち、挙式にかかる費用は約100万円。
残りが披露宴にかかる費用となります。

という事は、披露宴の方が断然費用が掛かってくるという事になりますね。

 

披露宴には、お料理や飲み物の他に、引出物・引菓子・プチギフト、装花、司会、お色直しの衣装代など、挙式よりも必要になるものがたくさんあるので、たくさんお金がかかるのでしょうね。(≡ε≡;)

 

そうすると、もう一つ気になるのは、そのお金をどうやって用意しているのか?という点ですよね。みんな、そんなに貯金しているのでしょうか?(゚⊿゚)

挙式・披露宴の費用は、一般的にふたりの貯蓄合計の他に、親からの援助と招待客からのご祝儀をプラスして用意しているんです。

最低約66%~最高約84%ほどの人が援助をもらって式をあげているようですよ。

 

いずれにせよ、結婚に向けて貯金は今すぐ始めた方がいいですね。

お料理や引き出物、装花なんかは、ケチると見抜かれますからね~。(≧з≦)

といっても、お金をかけずとも素敵な挙式・披露宴をあげることも十分できます(^^)ダイジョウブ!

 

最近では、挙式のみ行うというカップルや、挙式は行わず、披露宴のみ行うというカップルも多くなってきているようですよ。

もちろん、全てが費用による都合とはかぎりませんが、結婚式や披露宴のスタイルも年々変わってきているという事の表れでしょうね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

将来の結婚のための参考になりましたでしょうか?
挙式と披露宴には違いがあり、招待客も違ってくるんですね~。

これから結婚にむけていろんな資料を取り寄せて勉強し、
貯金も頑張らないといけませんね!

おふたりが最高の挙式・披露宴ができますように心からお祈りしています!(●ゝωб)q





SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ