マタニティウェディングに適した時期はいつ?結婚式での注意点はコレ!

妊娠しているけれど結婚式がしたい(*^-^)ニコ

マタニティウェディングってどうなの?

 

SPONSORED LINK

 

結婚式の前に妊娠が発覚してしまった!
こういったおめでた婚も今では珍しくなくなってきました。

 

妊娠中ってどの時期に結婚式を挙げるのがいいの?

マタニティ用のドレスってそんなに選べないのでは?

マタニティウェディングだと費用が高いの?

 

実際にマタニティウェディングを挙げるとなると不安も多いですね。
そこで、マタニティウェディングについて情報を集めてみました。

その不安が少しでも和らぐと嬉しいです(´▽`) ホッ

 

マタニティウェディングって何?

Original update by:acworks

 

マタニティウェディングという言葉は、聞いたことのある人も多いかと思います。
その名の通り、子供が新婦のお腹の中にいる時に行われる結婚式のことです。

 

「おめでた婚」「授かり婚」「スピード婚」「ダブルハッピー」など、
今は様々な呼ばれ方をしていますね( ̄ー ̄)ニヤリッ

昔は結婚前に子供が先なんて…と嫌煙されてきたマタニティウェディングですが、
今では珍しいことではなくなってしまいました。

何はともあれ、おめでたいことには変わりないですよね。

 

マタニティウェディングは子供が生まれるまでの間に結婚式をするので、
準備期間がとても短いともいわれています。

子供が生まれる前と言っても安定期に入ってから、とか、
お腹が目立つ前に・・などの希望も叶える必要があります。

 

最長でも3ヶ月ほどの準備期間しかない場合が多いですが、かといって、
簡易的な結婚式になるなど普通のことが出来ないなんてことはありません。

 

マタニティウェディング専用のプランも用意されている式場が増えているので、
やりたいことを諦める必要はありませんよ((-_-。)(。-_-))イエイエ

 

しかし、普通の結婚式よりも気を付けることが多々あるのは事実です。
その辺も一緒に見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

マタニティウェディングを挙げる時期はいつがおススメ?

では、マタニティウェディングを挙げるのに適した時期というのはあるのでしょうか?

妊婦さんの体調的にも最も適しているのは妊娠5カ月の頃だと言います。
やはり、マタニティウェディングはいつ結婚式を挙げるかが重要です。

妊婦さんの身体はとてもデリケートな上、赤ちゃんのことも考えなければいけません。

その為には大まかでも妊娠中の身体の変化を知る必要があります∑(‘◇’*)エェッ!?

 

妊娠初期(1~4ヶ月)

妊娠が発覚して1番不安定な時期です。

つわりや体調の変化が著しいので、
この時期の結婚式は難しいでしょう。

体型は見た目的には変わりないので、つわりが軽い人や
なるべく早めにという場合は、妊娠が分かってすぐに準備をして、
4か月目に結婚式を挙げるパターンもあります。

 

妊娠中期(5~6ヶ月)

少しずつ、つわりがおさまってきて身体は安定期に入ります。

体調が良い日が続くので、
マタニティウェディングはこの時期が1番良いでしょう。

時間がたてば経つほど、お腹が目立ち始めますので
お腹が目立たないうちに…と考える人は早めに決断した方が良さそうです。

ただし、準備はさかのぼって行うことになりますので注意は必要です。

つわりの真っただ中で打ち合わせや試着などを行う事もありますので、
十分に考慮したうえで決めたほうが安心ですね。

 

妊娠後期(7~8ヶ月)

安定期が終わっていよいよ出産の準備に入る期間です。
長時間立ちっぱなしになるのは避けたい時期でもあります。

体調に合わせて結婚式を行うことが出来れば、
7ヶ月頃に挙げるのもありです。

ただ、お腹は目立つ時期だと思ってくださいね。

 

8ヶ月目以降

この時期になるといつ生まれてもおかしくないという危険があります。

あかちゃんのことを考えると出産後に結婚式をすすめられることが多いです。
お腹が大きくなるので立っているのだけで大変な場合もあります。

この時期の結婚式は避けるようにしましょうΣ(´□`;)ハゥ

 

 

マタニティ向けウェディングドレスの選び方とは?

Original update by:oldtakasu

 

花嫁になる女性として気になるのがウェディングドレスです。

マタニティだと好きなドレスが選べない、
お腹に合わせると胸がブカブカ…という事が考えられますよね?

そんな不安を解消できるドレス選びをご紹介します。

 

現状の服のサイズ、体重、バスとのカップサイズなどを把握しておきます。
食べ物の好み、生活リズム、仕事内容なども重要です。

それらをウェディングプランナーに相談してドレスを選んでいきます。

 

ドレスを選ぶのに忘れてしまいがちなのが、
結婚式当日は体型が変わっているということです。

試着の時は着ることができても、当日は着られない可能性があるのです。

そこで生活リズムや仕事内容を提示することにより、
結婚式までどのくらい体重が増えそうかを予想していきます。

 

デスクワークと立ち仕事では、同じ妊娠中でも太り方が違います。

またつわりで食事が難しい人や貧血が酷い場合などでも、
合うドレスは変わってきます。

その上で、どんな花嫁になりたいのかを決めます(*゚ー゚*)ポッ

 

お腹を目立たせずにスリムに見せたいのか、ママになる喜びを表現したいのか
これだけでも実際にすすめられるドレスが変わってくるはずです。

 

大切なのは「妊娠している自分を知ること」なんですね。

今は、マタニティ専用のウェディングドレスなども各社用意されています。
選ぶ幅は決して狭くないので安心してくださいね♪

 

マタニティウェディングを挙げる際の注意点はある?

マタニティウェディングを挙げる際に最も注意したいのは、
新婦である女性とお腹の赤ちゃんの体調です。

どちらも万全な時に挙げるのが理想的ですが、
不安定に体調が変わることが多いのが妊娠している時期なのです。

 

上記しましたが、結婚式を挙げる時期はとても大切です。
なるべく安定期に入ってから挙げられるように準備をしましょう(。-_-。 )ノハイ

体調的にどうしても難しい場合は出産後を選ぶことも考えましょう。

 

基本的に結婚式は忙しいものです。

結婚式当日までに式場との打合せなどで、
何度か足を運ばなければいけません。

 

通常の結婚式のように立ったり、座ったり、何度か退場したりというプランは、
マタニティウェディングでは難しいでしょう。

 

今はマタニティウェディングプランを用意している式場も多いので、
ピッタリのプランを選ぶ方が体調にも赤ちゃんにも優しい結婚式になります。

またマタニティを考えて打ち合わせの回数や内容を無理のないように、考慮してくれるなど嬉しい心遣いもあります。

 

良く心配の声が上がるマタニティウェディングの費用ですが、
通常の結婚式より割高になるというようなことはありません∑( ̄ロ ̄|||)なんと!?

 

むしろマタニティウェディングプランを利用することでお得になることもあります。

ウェディングプランナーさんにどんどん相談してみましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

マタニティウェディングは安心して結婚式を挙げられる時期が短いです。
安定期に結婚式をする為にも、早めの決断と準備が重要になります。

第一に考えるのは新婦と赤ちゃんの体調です。
不安定な場合は出産後を考えるのも一つの方法です。

無理のないように余裕をもって準備をして、
素敵なマタニティウェディングにしてくださいね(゚▽゚*)ニパッ♪





SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ