共働きで上手に家事を分担するコツやルールの決め方はコレ♪

同じようにずっと働いているのに、夫がほとんど家事をしてくれない!

結婚した時に最初に話し合って決めておけばよかった・・・

 

SPONSORED LINK

 

夫婦それぞれが仕事を持っている共働きの家庭は決して少なくはありません。
しかし、日本の夫たちは家事になかなか参加してくれないようです。

 

夫に家事を分担させるコツがあれば知りたいですよね。

ここでは、うまく夫に家事を分担してもらい、
お互い負担のない家事分担にするには
どうしたらよいかについてお話ししたいと思います。

 

 

共働き夫婦の増加で家事分担も増えてきた?

image1

Original update by : さわ太郎

 

消費税の上昇、物価の上昇、女性のキャリア志向の上昇など、
いろいろな要因か絡まって共働きの夫婦が増えています(^O^)

共働きの増加に伴い、夫婦の家事分担も増えているのでしょうか(・・?

 

2010年の国勢調査によると、共働き率の全国平均は53.92%
実に半数以上の夫婦が共働きです(゜o゜)スゴイ!

 

でも、夫との家事分担率は50%になっているのでしょうか??

 

答えはNOです(@_@;)

日本の家事分担率は0歳児の子供がいる場合でも「夫15%、妻85%」なのだとか。欧米諸国の夫の分担率30%~40%に比べると明らかに低いですね。夫の仕事がお休みとなる土日でも、せいぜい20%というところです。

地域別では東北・四国が夫の家事分担率が高く、
近畿圏が全国的に低い傾向にあるようです^_^;

最高は島根県の22%、最低は大阪の6.7%でした。

 

子供がいるかいないか、妻の雇用が正規雇用(正社員)なのか、非正規雇用(パート等)なのかにも左右されると考えられますが、データの傾向は似ていると思われます。

そんな中、共働きで家事をちゃんと分担できている夫婦は、
どのような考えを持っているのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

共働きで家事を分担している夫婦の考え方とは?

日本は数字の上では、『家事の分担がちゃんとできている』と
お世辞でもいえない情況のようです(@_@;)

ですが、ちゃんと分担して円満に働いている共働き夫婦も多数います♪

どのような考えを持ったらそれができるのでしょうか(・・?

 

大きく分けて3パターンの考え方があるようです。

 

家事の役割分担をしっかりと決める

あらかじめ担当する家事をしっかり分けておく方法です(^^)v

ゴミ出し、お風呂の掃除、食器洗いは夫、料理、お洗濯、部屋の掃除は妻・・
とこんな感じ。

お互い得意、不得意を考慮して分担が決められますし、
2人で話し合えば納得してルールが決められます。

ただ、誰がサボっているかがはっきりするので、
相手がしていない事が気になり、かえってストレスがたまる場合も・・・(――〆)

 

できる人ができる時にやる

特に役割分担はせず、そ
の時にできる人ができる家事をするといった臨機応変型です(^・^)

例えば、早く帰った方が晩ご飯を作るとか、
休日に家にいる方が洗濯をするといった感じです。

中には疲れている方に楽をさせてあげるといった考え方で、
家事を回しているご夫婦もいるみたい(^^♪

素敵な考え方(*^。^*)

 

担当なしでも、お互いが協力し合って家事をこなしていけたら、
一番理想的ですよね(^_-)-☆

 

仕事のスケジュールに合わせて分担をする

仕事のスケジュールは週単位、月単位で変化します。

仕事によってはお休みのタイミングが合わなかったり、
帰宅時間がかなり違ったり。

週単位、月単位で大まかに仕事の情況をすり合わせて、
仕事と家事を両立させる方法です(*^^)v

例えば、お休みの人が家事を担当し、
仕事の人がゴミ捨てや買い物をするなどです。

時間のやり繰りを上手にしたいカップルにはぴったりですよね(^^♪

 

では、家事に腰の重い夫に快く家事をしてもらうコツってあるのでしょうか?

 

 

夫にも家事を快くしてもらうコツは?

image2

Original update by : すしぱく

 

妻にとっては慣れた家事でも、
夫にとってはまだまだ慣れない場合が多いですよね。

 

「洗濯物を取り込み易く干してない!」
「食器はもっとやさしく扱って!」
「掃除の手順が違う!」etc.

 

妻のアドバイスのつもりの一言が、彼のプライドを傷つけ、
やる気をしぼませ、「二度とやるもんか!」とへそを曲げさせます(-_-;)

下手をすると、家事ハラスメントに発展してしまいかねません。

 

では、そんな夫のやる気とモチベーションを
どう上げてあげたらいいのでしょうか(・・?

それは気持ちを言葉にして伝えることです(^^♪

 

上手に家事分担が出来ているご夫婦の奥様は、
やはりほめ上手さんが多いようです。

思っていても口にしなければ相手には伝わりません(+_+)

 

「共働きなんだから家事をするのは当たり前!」

そうなんです!そうなんですがそこはちょっと抑えて・・・

 

洗濯物がしわしわでも、「やってくれてありがとう!」
ちょっと焦げて味が濃くても、「すごい!このご飯おいしい!」
朝はゴミ袋を手渡して、「疲れてるのに、ゴミを出してくれてありがとう」

 

とことん、ほめ上手な妻になりましょう(^_-)-☆

人は褒められるとお世辞とわかっていても嬉しいものです。
その嬉しさが次の家事への意欲に繋がりますよ~(^^)v

 

では、夫にも妻にも負担のない家事の分担方法は
どのように考えたらよいのでしょうか?

 

両者に負担のない家事分担のルールの決め方は?

働きながらの家事は大変!

少しでもお互いに負担のない家事の分担にできたらいいですよね~(^・^)

どんな方法があるのでしょうか(・・?

 

まず、おおまかな家事を書き出してみます。

 

・食事・・買い物、朝食、夕食、後片付け
・洗濯・・回す、干す、畳む、しまう
・掃除・・部屋、トイレ、お風呂、洗面所
・ゴミ・・ゴミ出し、ゴミ分別、ゴミ集め

 

これで、お互い得意なものを決めて、
主に担当する人を決めますφ(..)メモメモ

家事分担のルールを決める上では、
「主に誰が担当するのか」が重要なポイントになります。

 

「一人で」ではありません!(^^)

仕事が入ったり長引いたり、疲れているようなら臨機応変で助け合うことも、
最初に決めておくのです。

 

その次に、買い物などはネットスーパーなどを利用し、
家事本来の負担を軽くするなどの工夫をすることもポイントです。

 

後、時短家電もフルに活用しましょう(^^)v

食洗機、乾燥機付き洗濯機、フードプロセッサー、お掃除ロボットetc.
それらを上手に取り入れると家事自体がぐっと楽になりますよ(^O^)/

 

これだけでも、かなりお互いの負担が軽くなりますよね。

お金が許すなら、
たまにハウスクリーニングを頼んでやってもらうのも手です(^^♪

それで時間のゆとりが増え、
お互いが楽になるなら考えてみるのもいいと思いますよ☆

 

 

まとめ

いかがでしたか?

共働き夫婦にとって家事の分担は永遠の課題です。

夫婦なのですから、お互い助け合い思いやる気持ちを持っていれば大丈夫!

ただし、やってくれない、やってあげているにならないよう、
常に夫婦がコミュニケーションを取りながら分担をしていくことが大切ですね。

褒め上手な妻になって、夫を育てる気持ちを忘れずにね(^^♪





SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ