結婚後すぐに保険の見直しをしよう!将来安泰の保険選びとは?

結婚したら保険は見直すべき(〃゚д゚;A アセアセ・・・

でもどんな保険にしたらいいの?

 

SPONSORED LINK

 

結婚を機に保険を見直すという人は「社会人になったタイミング」に続いて
2番目に多いと言われています。

そのくらい人生が大きく変わる節目なんですね。

 

でも、いざ保険の見直しといっても何を変えたらいいのか分からない…
そんなお悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

今回は結婚後の保険について調べてみましたよ。
結婚を機に保険を見直そうと考えている人には必見ですv(*’-^*)-☆ ok!!

 

結婚後すぐにするべき保険の見直しとは?

image1

Original update by:acworks

 

結婚するということは家族が増えるということです。

 

独身時代は自分の身に何かあった時のための保険という考え方で保険に入っていましたが、結婚をするとちょっと捉え方が変わってきます(゚ロ゚;)エェッ!?

もし自分に何かあった時に残していく家族の為、
残した家族が生活していくのに困らないようにといった見方に変わってきます。

 

また子供ができれば、その子の教育費を残してあげられるように
と考えなければいけません。

結婚前は自分で自分の身の保障をするのが目的だった保険が
結婚を機に、家族の為に、家族が困らないようにという目的に変わるのです。

 

結婚をしたらなるべく早い段階で保険の見直しはしておいた方が良いでしょう。
いつ、何が起こるかは誰にも分かりませんからねΣ(゚д゚;) ヌオォ!?

 

スポンサードリンク

 

結婚前と結婚後で違う保険の重要性って?

結婚前と結婚後で何が変わるかというと
生活スタイルが変わるということが大きいですね。

男性は養う家族が増えたり、マイホームを購入したりと
自分の為だけでなく、家族の為に働くというスタンスになるでしょう。

女性も共働きの場合もありますが、妊娠を機に仕事をやめたり
フルタイムではなく時短で働くことになるかもしれません( ̄Д ̄;) ガーン

 

そういった生活の変化があった時に、必要な保険も変わってきます。

今までの保険では結婚後に
必要な保障をしてくれないものも多くなってくるのです。

また医療の発展や保険会社の内容変更などで
保証が変わってくることもあります。

結婚前にこれが正しいと言われていたものが、
結婚後ではがらりと変わっている、なんてこともあるのです。

 

保障が増えたり、以前よりお得な保険が増えていたりと保険も日々変化するので、
何かの節目に見直す事が重要になってきます( ̄Λ ̄)ゞ んむっ

 

結婚したら保険のどこを見直すべき?

image2

Original update by:acworks

 

具体的に、結婚を機にどんな保険を見直すのが良いのでしょうか。

それはズバリ、
死亡保険と医療保険です(□。□-) フムフム

 

死亡保険

大切な家族を残して自分がいなくなってしまったら…
家族が生活していくために死亡保険をしっかりと考えましょう(^▽^)/

最低でも自分たちのお葬式代に
300万円ほどの死亡保険は加入しておきたいです。

終身保険に加入すると生涯の保障が得られます。

 

妻が専業主婦であったり、子供が小さいのであれば
夫の死亡保険なら2000万円は保証があったほうが良いでしょう。

子どもは1人につきいくらの保障が下りるのかなども
しっかり吟味して教育費に困らないようにしておくのも大切です。

子どもは成長すれば教育費はかからなくなります(* ̄ρ ̄)”ほほぅ…
保障額が年々減っていく逓減定期保険は子供の為の保険に最適ですよ。

 

 

医療保険

医療保険は怪我や病気で入院するのを想定して
入院1日当たり5,000円医療保険には入っておきたいものです。

これは夫も妻もどちらにも言えます(* ̄- ̄)ふ~ん

 

妻が専業主婦で夫が家計を支えている場合はもちろん
妻が入院して夫の食事が外食になった場合も助けになるでしょう。

自営業の場合は生活保障も考えて多めの加入が肝心になります。
営業が出来なくなった途端に、収入がゼロになるのを回避するためです。

 

そして忘れてはいけないのが妊娠に備えた妻の医療保険です(;´д`)トホホ

妊娠が分かった後では保険に加入しにくくなるので、
妊娠前に手続きを取るのが一般的です。

妊娠すると出産以外に妊娠中毒症や切迫早産など
入院のリスクが高くなります。

 

2人でじっくり話し合って、生活に見合った保険を考えていきましょう。

 

結婚生活の将来を安泰にする保険の選び方とは?

結婚後の生活を安泰に過ごす為に保険を選ぶ・・・
この段階ですでに人生の安泰を視野に入れた行動になります。

保険を見直すということは、そのくらい今後の生活に重要なのです。

より結婚生活のことを考えるのであれば
結婚したらその後の人生プランを2人で考えてみましょうr(-◎ω◎-) 考え中…..

大きいのは子供がいるか、いないかになると思います。
それによって夫婦の働き方も変わりますね。

 

 

保険には掛け捨てタイプと積立タイプがあります。
どちらにもメリット・デメリットがありますね。

 

掛け捨てタイプは
月々の保険額が安く済み、死亡保障が大きいのが特徴です。

しかし老後には手元にお金が残らないので、
別の方法で貯蓄が必要です。

 

積立タイプは
銀行での貯金とは別に貯蓄をしていくイメージですo(;-_-;)o ワクワク

手元にお金は残りますが月々の支払いが多く、
死亡保険がそんなに大きくありません。

 

結婚生活において将来を見据えた保険を考えた時には
大きく分けて以下のパターンになるでしょう。

 

子供がいない共働きの夫婦

この場合、大きな死亡保険は不要ですw( ̄△ ̄;)wおおっ!

お互いに働いているので、
どちらかに何かあっても生活費には困らないからです。

その代りお葬式が出来るくらいの保障があれば良いでしょう。
主に医療保障を中心にした積立保険で無駄がない選択をしましょう。

 

子供を産む予定がある場合

この場合は月々の出費を抑えるためにも掛け捨てタイプを選んで
安いお金で大きな死亡保障を得た方が良いでしょう( ̄。 ̄)ホーーォ。

万が一、夫の収入がなくなっても生活費をしっかりと確保できます。

老後が心配であれば積立て型と合わせて加入する方法もあります。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

自分だけでなく家族の為にと考えなければいけない結婚生活。
一人前の大人としてとても大事なことですね。

 

家族の為に何ができるのか、どんな保障があればいいのか
真剣に考えてみましょう。

良くわからない場合は、
総合的に自分に合った保険を見繕ってくれる窓口があるので、
使用してみるのもよいでしょう。

きっとピッタリな保険が見つかるはずですよ☆^∇゜) ニパッ!!

 

 





SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ