結婚式の自然な断り方は?相手に悟られずに断る方法を伝授

婚活ブームの最中。
職場でも結婚する人、増えてきていませんか?

結婚式に招待された時には、
他に特別な用事がある場合以外は出席したいもの。

 

しかしどうしても外せない用事があったり、
はたまたお祝いしたい気分じゃなかったり・・

理由は様々欠席したい場合もありますよね。

 

SPONSORED LINK

 

実際のところ、精神的または経済的事情で、女友達の結婚式であっても
出席するのが面倒くさいというケースもありますよね。

今回は、婚式の上手な断り方についてお話ししていきたいと思います。

 

結婚式を欠席する人は意外と多い!?

image1

Original update by:足成

 

結婚式の出席を断るのって、ちょっと勇気がいる・・・。

いえいえ、ご安心ください。
結婚式を断っている人って、結構います

 

独身の方だったら、精神的に祝う気持ちになれなかったり。
結婚している方なら、経済的に厳しかったり。

また、意外に多い理由が、「これ数合わせだろうなぁ~…」と思うこと。そんなに仲良くなかったり、数年間ブランクがあったりする子の結婚式には、正直参加する気になれませんよね。

 

実際のところ、呼ぶ側としても、呼んだ人全員がくるとは思っていないので、
断ったとしても案外大丈夫なものです。

ただ、断った場合は、自分が結婚式をする場合
呼びづらくなってしまうので、お気を付けくださいね。

 

スポンサードリンク

 

乗り気じゃない結婚式の自然な断り方とは?

乗り気ではないのに、我慢して頑張って行く必要はありません。

招待された結婚式を欠席しても、カドが立たないような
結婚式の上手な断り方を、断り文例とともにご紹介していきます。

 

 

先に外せない予定が入ってしまっている

これは、職場や友達が多い人に起こりがちです。
同じ日に同時に二つの結婚式が重なってしまったとしたら、
どちらかを断らなくてはいけませんよね。

このようなケースで欠席する場合は、
実は具体的に欠席する理由として説明してしまっていいのです。

また、いきなりはがきで返信するのではなく、まずは前もって電話などで伝えておくのも手です。親しい友人の場合ならなおさら、この方がカドが立ちません。

 

【断り文例】

『お招きいただき大変うれしいのですが、
残念ながら当日はあいにく先約がありまして出席することができません。』

 

 

 

金銭的な理由でどうしても行けない

あまり親しくない友人から、結婚式の招待状が来るケースはよくあります。
わざわざ休みをさいて、お金もかけて、出席したくないものですよね。

とはいえ、「お金がないので」という理由はさすがに使えませんよね(笑)

このような時に、「多忙により欠席いたします。」と当たり障りのない理由を述べてしまう人は多いのですが、実はこれはマナー違反になります。呼んだ相手にも、嫌な思いをさせてしまうでしょう。

結婚式をする二人の気持ちを害さないよう、「どうしても、都合がつかず・・・」、
「残念ながら、先約があり・・・」などといった、当たり障りのない理由でお断りをするのがいいでしょう。

 

【断り文例】

『どうしても都合がつかず、欠席させていただきます。』

 

 

身内での不幸ごとがある時

この場合は、理由を詳しく述べず後日報告するようにしましょう。

身内の不幸の場合、四十九日を過ぎるまではお祝い事には出席しないというのが一般的なマナーとされています。

本当に大事な親友の結婚式などの場合は、参加してもバチは当たりません。

しかし、結婚式を欠席する理由として、身内で起こった不幸に関して述べるのはタブーとされています。どうしても理由を伝えなくてはいけない場合には、電話で直接報告するようにしましょう。

 

ここでのポイントは、「電話連絡」です。
決して書面で伝えてはいけません。

日本人は、電話が苦手で、メールで済ましてしまう人が多いですが、
きちんと電話で相手の声を聞いて話すようにしましょう。

 

【断り文例】

『ぜひお祝いにかけつけたいのですが、
当日あいにく止むを得ない理由があるためお伺いすることができません。
こちらにて、お二人の幸せをお祈りしています。』

 

 

結婚式を断る場合はいつまでに伝えるべき?

image2

Original update by:Jayray24

 

ちなみに、欠席の返事はいつまでにすれば良いのでしょうか?

出席する場合は、招待状が届いてから
通常2~3日がベストとされています。

嬉しい知らせは、早くお返事したいですものね。

 

しかし!欠席する場合の返信は、
早過ぎるとかえって失礼にあたってしまいます。

マナーって難しいですね・・・。

あまり早く返信してしまうと、招待した側の二人に「嫌われてるのかな」、「招待しない方がよかったのかな」と、不安な思いをさせてしまう事もあるからです。

幸せな二人に、嫌な思いはさせたくありませんよね。

 

ですから、招待状を受け取ったら、あらかじめ電話で新郎新婦の二人にスケジュール調整をしている旨を伝えた後、数日おいた後にはがきを返信すると、相手に心配させなくてすみます。

電話をせずそのまま返信する場合でも、1週間以内を目安に返信するように心がけましょう。ヘマをすると、後々の関係にもヒビが入ってしまいますよ。

ここは慎重に行きましょう。

 

それから、大事なことですが、返事は必ず届いたはがきでするようにしてください。
面倒くさいからといっても、メールや電話での返事はしてはいけません。

いくら親戚や親しい友人だからといっても、
返事をメールや電話で済ましてしまうのはマナー違反なのです。

また、返信しないイコール欠席する、ではありませんので、
欠席の際は必ずはがきで返事するようにしましょう。

 

結婚式を断った後はどんな対応が必要?

欠席する際のアフターケアとして、
結婚式を欠席してもご祝儀は必要なのでしょうか?

結婚式を欠席する場合ご祝儀を贈るかどうか?、贈るとするならご祝儀の相場はいくらか?などは新郎新婦との付き合いの程度によります。

 

もし贈る場合は、早めの方が喜ばれます。

しかし、ほとんど交流がない人、またはあまり親しくない人の場合はどうでしょうか?

例えば長年音信不通だったのに、結婚式になって数合わせのために招待状を送ってくるような方も時にはいます。これも付き合い程度によりますが、今後の付き合いを考えて対応すればいいんです。

もう会うのかも分からないような人には、無理して贈る必要もありません。もしご祝儀を贈るなら、大体の相場の1万円でいいでしょう。

 

もう一つ、忘れてはいけないマナーがあります。
欠席する場合には、祝電は必ず贈りましょう。

インターネットや電話での受付はもちろんありますし、NTTの窓口に直接行っても良いです。またコンビニでの取り扱いもあります。

 

祝電を送る際には、届け日・相手の名前・送り先、
あなたの名前・あなたの電話番号・送る祝電文章
が必要になります。

どれも招待状を頂いていればわかることなので、
無くさないようにしましょう。

披露宴の始まる1~2時間前には、式場に到着するようにして、
新婦様宛の場合は宛名を旧姓で贈るようにしましょう。

これでアフターケアはバッチリです。

 

まとめ

いかがでしたか?

結婚式の上手な断り方、参考になりましたでしょうか?

お断りをするとしてもやはり礼儀は必要ですものね。

これで、行きたくないのに無理をして
参加する必要もなくなりますね^^

 

 





SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ