披露宴の余興はどんなものが喜ばれる?定番のネタとは?

友人から披露宴の余興を頼まれた!やるからには、盛り上げたいなぁ・・・

でも、何から手を付けたらいいんだ?どんなものが喜ばれるんだろう?

 

SPONSORED LINK

 

余興をやるからには、新郎新婦はもちろんのこと
会場にいる人みんなを喜ばせたいですよね。

人数や時間、内容など考えなければいけないこともたくさんありますよね?

そこで今回は、披露宴での余興に関する定番ネタや
準備の進め方についてまとめてみました。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

 

披露宴の余興時間はどれくらいがベスト?

b01becdab0b07f42df33995ad464672d_s

Original update by : イラストAC

 

結婚披露宴での余興は、どのくらいの時間をかけてよいものなのでしょうか?

おそらく、余興を依頼されるときに持ち時間については説明があるかとは思いますが、念のため確認をしておいた方が安心です。

余興は何組かにお願いしていたり、余興以外の演出の都合などもありますので、大体5~10分に収まるようにするのが一般的です。

 

あまり長い時間行っても間延びしてしまうだけですので、ここは注意が必要です。

どうしても10分程度で収まらないようなものを余興としてやりたい場合は、勝手に判断せずに必ず依頼をされた方に相談をしましょう。

もちろん、余興は時間も大切ですが、それ以上にどのような内容のものを行うのかが重要になります。

披露宴の余興ではどのようなものを行えば喜んでもらえるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

披露宴の余興はどんなものが喜ばれる?

さて、余興というのはそもそも、披露宴を盛り上げるために行うものです。

通常、会場には友人だけでなく両家の親族も出席しており年齢層も幅広かったりします。

会場の全員が、見て感動したり楽しめるものを考えるのが好ましいでしょう。

 

また、サプライズ要素を含んだ内容の物も、ゲストだけでなく新郎新婦にも喜んでもらえる余興です。

サプライズ的なことを行う場合は、事前に式場のスタッフの方に連絡をして打ち合わせをしっかりしておくと良いでしょう。

他には、ゲスト全員参加型の新郎新婦にまつわるクイズをテーブル対抗で行ったりするような出席ゲスト全員を巻き込む形での余興も盛り上がるので割と人気が高いですね。

 

ただ、内輪だけで盛り上がりすぎてしまったり、大騒ぎになって進行のさまたげになっては、せっかくのお祝いムードが台無しです。

盛り上がるという事と、ゲストに喜ばれるという事は似ているようで意味が違います。

これらを混同しないよう、余興の内容には気をつける必要があるでしょう。

 

披露宴の余興として定番のネタはある?

image1

Original update by : イラストAC

 

では、披露宴の定番ネタにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

昔からの定番ネタは、やはり歌です。

結婚や家族をテーマにした歌を、カラオケや合唱などで歌うというものです。

一人で歌うのに自信がない場合は、新郎または新婦から出席する友人たちを聞いて知っている友人数人に声をかけ当日一緒に歌ってもらうと良いですね。

カラオケで練習するか、みんなが知っている歌なら当日に合わせることも可能ですから事前に準備する物も必要ありませんし、手間はかかりません。また、新郎新婦にまつわるエピソードを盛り込んだ替え歌なんかも盛り上がるのではないでしょうか。

 

最近は、サプライズムービーを作成して上映するというようなものが定番のネタになりつつあります。多くは、新郎新婦に対してサプライズを仕掛けるようなタイプのものになっているようです。

二人の交友関係に連絡を取ってビデオレターという形で撮影に参加協力してもらう方法や友人たちと二人のなれ初めを演劇形式で撮影する方法など様々です。

友人や知り合いに、映像関係の仕事をしているような方がいれば心強いですね。

当日都合によって披露宴に出席できなかった人などもスクリーンに登場すると、二人の驚きも何倍にもなるでしょうし、祝福メッセージで会場が和んだり感動したりすること間違いなしです。

 

 

ここに紹介しただけでもいろんな演出がありそうですね(^_^)

お祝いの気持ちがこもると、ついつい盛り上がり過ぎてしまうことがあります。

 

披露宴の余興でNGな行為とは?

幸せいっぱいの雰囲気で、お酒も少なからず入る披露宴の場では、余興を行う際についつい度を過ぎてしまう事もあります。

こういう場ではやってはいけないNGとされる行為もありますよね?

 

例えば、盛り上げようとして下品な踊りをしてみたり、トークや歌の歌詞に下ネタを盛り込んだりするような品のない行為です。

誰が見たり聞いたりしても不快になる行為は避けた方が良いですね。

あとは、特定の人しか盛り上がらないメッセージは、内輪だけが楽しいだけで他の出席ゲストは白けてしまいます。

また、余興をする人が、明らかにべろべろに酔っ払っているのも見ている側からすると白けます。緊張するとは思いますが、自分の出番が来るまでは、お酒の量は控えめに・・・

 

そして、「別れる」というような禁句にも注意が必要です。

新郎新婦との関係がどんな昔からの仲だとしても、
別れるようなニュアンスを含む発言は冗談でもしてはいけません!

 

 

まとめ

いかがでしたか?

以上、披露宴の余興について、まとめてみました。

披露宴での余興は、ゲストみんながわかりやすいものが喜ばれます。
短すぎず長すぎないこと、下品な行為や禁句を避けることを意識して準備をしましょう。

披露宴の余興は、主役が誰かを考えることが大切です。

新郎新婦のことを第一に考えたものであれば、
皆に喜ばれる余興ができると思いますよ。

 





SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ