結婚相手の実家へ挨拶に行く際の服装はどのようなものがいい?

結婚相手の実家に挨拶に行くことになった(゚-゚;)オロオロ(;゚-゚)

どんな服装なら受け入れてもらえる?

 

SPONSORED LINK

 

初対面ではないものの、結婚の挨拶に行くのはやはり緊張するものです。

そして第一印象はとても大切(⌒∇⌒)

最初に目に入るのは服装や髪形などの外見ですよね。

結婚の挨拶に行く場に適した服装や、逆に悪い印象を与える服装など
気になる服装選びについて調べてみました。

 

結婚相手の実家へ挨拶に行く際に適した服装とは?

image1

Original update by:acworks

 

お互いの結婚相手の実家への挨拶はドキドキですね。

どんな言葉で挨拶をしたらよいのか、それも大事なのですがまずは第一印象。

外見の第一印象で門前払い、なんてことのないように
適した服装を準備しておきましょう(o゚◇゚)ノあぃ

 

男性の場合

男性の場合はスーツにネクタイが主流になると思います。

「スーツならいつも仕事で着ているから安心」など考える人もいるでしょうが、
第一印象で好印象を与えるためには選び方が重要です。

まずいかにもいつもの仕事着ですといった感じは出さないこと。
しっかりクリーニングに出して、シワのないビシッとしたものを着用すること。

派手な色のスーツや逆に地味な色もタブーです。
黒・紺・グレーなどの色を選びましょう(*゚▽゚)/ウイッス!

 

スーツのインナーに襟なしのものを選ぶのは少しラフすぎますので、
襟付きのシャツに明るめのネクタイで好印象を目指しましょう。

服装以外では髭はそる、香水は控えめにするかつけないこと。
意外に見られているのが手元なので爪も切って短くしておきましょう。

 

女性の場合

女性はスーツまたはワンピースが定番です。
男性と違って暗い色を選ぶよりも明るめの色を選ぶと顔が明るく見えます。

ピンクやベージュといった女性らしい色を選ぶと良いです。
露出が多いワンピースは相手の母親に嫌な顔をされてしまいますよ。

 

丈の短いスカートはNGです(゚ ▽ ゚ ;)エッ!!
正座をする可能性もありますので、目のやり場に困らない長さの物がベストです。

大人の身だしなみとして素足ではなくナチュラルなストッキングをはきましょう。
靴も高いヒールやブーツは避けて低めのヒールを履いていくと良いです。

メイクは濃く派手にならないように気を付けましょう。
流行りのマスカラやアイメイクよりもナチュラルで明るい印象を心がけましょう。

 

スポンサードリンク

 

悪印象を与える恐れのある服装の特徴って?

では逆に悪印象を与えてしまう服装も知っておきましょう。

若い人にありがちな「これは許されるだろう」というポイントが
ズレている場合があるので要チェックですd( ̄  ̄)イイコト?

 

男性の場合

まるで親戚の家に遊びに行くようなラフな服装は避けましょう。

特に普段の仕事でスーツを着ない人の場合は、
スーツ以外で済ませようと考える場合があります。

Gパンやチノパンなどカジュアルな服装は絶対にダメですΣ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!

また襟のないシャツ、派手な柄もの、
アロハシャツなどは印象を悪くしてしまう可能性ありです。

普段、スーツを着ない人でも今後の為に1着は持っておきたいものです。

スーツを着ていてもずっとタンスの中にしまってあったものを引っ張り出してきた感が伝わるような、シワシワのものはNGですね。

中に着るシャツも同じです。
シワや汚れなど清潔感に欠ける服装は相手に嫌悪感を与えるだけです。

スーツを人に借りていくのも出来れば避けましょう。
自分の身体に合わないスーツは見ている側に不自然さを与えます

 

女性の場合

女性の場合は男性ほどキッチリしなくても良いのですが、
かといってカジュアルになりすぎてもいけません。

スーツといってもパンツスーツよりスカートの方が印象は良いです。
女性には女性らしくいてほしいという相手側の両親の気持ちがあります。

 

若い女性に多いのが以下のような失敗です。

・スカートの丈が短すぎる
・ストッキングをはかないで素足のまま
・冬場のためついブーツを履いて行ってしまう

 

一見、許されそうなことが許されない場合がありますので確認しておきましょう。

女性の場合服装以外にメイクにも気を付けるべきですΣΣ( ̄◇ ̄;)!ハウッ!?

素顔が分からないような仮面メイクや盛りすぎのつけまつげなどは相手の両親を引かせます。

地味すぎても良くないですが派手すぎるよりは良いと思います。
常識の範囲内での服装やメイクを心がけましょう。

 

相手の実家に合わせた服装選びとは?

image2

Original update by:acworks

 

挨拶に行くお互いの実家に合わせた服装選びをすることも大切です。

例えば相手の母親の好きな色を覚えておいて、服装のさし色に使うとそこに自然と目がいって場が和みそうです\(o⌒∇⌒o)/

古くからあるような和風テイストが好きなお家であれば服装も和物にしてみたり、雰囲気に合った色をチョイスしてみましょう。

 

いかにもという雰囲気のあるブランドバックなどは避けた方が良いです。

訪問する場所によっては場の雰囲気に合わず、バックだけ浮いているということもあり得ます。

 

男性なら相手の父親に合わせ、女性なら相手の母親に合わせると喜ばれるでしょう。

やはり同性同士というのは見る目も厳しくなってしまうものです(〃゚д゚;A アセアセ・・・

2人でよく話し合って、お互いの実家や両親の印象など把握しておくと良いですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

話してみるととても人柄がいいのに、服装のせいで第一印象が最悪・・・
そんな事態にもなりかねないのが服装です。

多少口下手でも、緊張して顔が強張っても、
まずは服装に気合をいれて挨拶にいけば間違いなく受け入れてもらえるでしょう。

そのくらい第一印象は大切なんですよ( ̄∇+ ̄)キラーン





SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ