両親顔合わせ食事会での礼儀正しい挨拶とは?

いよいよ両家の顔合わせだけど

なんだか色々と不安が多いなぁ…o┤*´Д`*├o アァー

 

SPONSORED LINK

 

彼女へのプロポーズが終わり、彼女の両親に挨拶を済ませたら
今度は家族同士の紹介の場として両家顔合わせを行うのが一般的です。

料亭の個室の一室を借りて行われることが多いので
カジュアルに…という訳にはいきませんね。

 

仕切るのは新郎や新郎の父親の場合が多いのですが
中には相応場が苦手な父親もいることでしょう。

そんな困ったな、不安だな、を少しでも解消できるように
ここでは顔合わせの基本的なマナーをご紹介していきますd(@^∇゚)/ファイトッ♪

 

 

 

顔合わせの食事会は双方の打ち合わせが大切

image1

Original update by:工藤隆蔵

 

顔合わせと言ったら両家の家族が関係してくる大切なものです。
結婚する2人の間で好き勝手に決めるわけにはいきませんΣ(゚д゚;) ヌオォ!?

 

顔縄背の食事会などでは両家の意見を織り交ぜながら、
準備や打ち合わせをするのが一般的です。

しかし、リードしていくのは実際に結婚する2人になります。

まずは決めておくべきポイントについてまとめておきましょう。

 

服装

見た目はやはり大切ということで、
ドレスコードは合わせておくのがベターです。

それは主役の2人だけでなく、
双方の両親の服装にも差が出ないように調整しましょう。

男性ならやはりビシッとスーツが良いですね(*゚▽゚)/ウイッス!

女性ならスカートスタイル、
特にワンピースなどはきちんと感が出て良いでしょう。

 

挨拶は誰がどの順番でするのかを決めておく

両家の両親は初めて顔を合わせるのがほとんどです。

当日はフォローやリードをしなければいけないし、
緊張もあってバタバタしがちですね。

事前の打ち合わせの中で、挨拶は誰がするのか、
どんな順番で行うのかタイミングなどを綿密に決めておきましょう。

当日になって滞ってしまうことのないように、
しっかりと準備をするのが大切です。

 

 

手土産

お互いが離れた場所に住んでいる場合は
両親がせっかくだからと地元の手土産を用意する可能性があります。

手土産は気持ちの部分が大きいので、
自然の流れに任せる感じでも良いです(●´ω`●)ゞエヘヘ

 

しかし、それぞれの地元や同郷であったりと、
あえて合わせたいという場合は結婚する2人でよく話し合って
どちらかに決めておいても良いでしょう。

 

スポンサードリンク

 

両家顔合わせ食事会であいさつをするタイミングは?

両家の顔合わせでの1番最初の催しは挨拶ですね。
これが終わるまでは誰もが緊張しているかと思います。

 

挨拶は1番最初に行います( ̄∇+ ̄)vキラーン

お互いのエスコートで自分の両親を会場に案内して
着席したら早速始めましょう。

乾杯の前に挨拶と両家の家族の紹介は済ませましょう。
食事が始まってしまうと料理を運ぶ店の人が出入りするようになるため、
中断してしまう可能性があります。

 

またお酒に弱い人がいる場合も挨拶どころではなくなってしまうので
早いうちに済ましてしまうのが良いでしょう(@`▽´@)/ ハイッ

お店のスタッフに顔合わせの段取りを説明しておいて、
挨拶中は入室してこないようにするのも手です。

声をかけるまで料理は運ばないでくださいなど、対応してくれるでしょう。

 

両家の食事会での挨拶はとても大切です。

この時間をどう過ごすかで
今後の両家の関係が変わると言っても過言ではありません。

できるだけ集中できる環境を作ること、段取りをしっかりと組むこと

お店の人との打ち合わせ、
そして何よりも心のこもった挨拶ができることが大切です( ̄Λ ̄)ゞ んむっ

 

食事会での挨拶は新郎?それとも新郎の父親?

image2

Original update by:AkinoAnn

 

挨拶の基本は男性側です。

一般的には新郎の父親が挨拶をするのが好ましいでしょう。

 

しかし中には絶対にやりたくないという父親や、
口下手で任せられない場合もありますね。

そういう場合は新郎本人が進行と挨拶を受け持っても構いません。
その場合は事前に父親と相談・打合せはしておきましょう。

また、父親から伝えたいことも盛り込んで挨拶ができると良いですね。

 

父親が挨拶をしなかった場合は、
食事の際の乾杯の挨拶などに差し替えましょう。

難しいことは言わなくてもいいので、このくらいなら可能なはずです。

さすがに新郎の父親がなにもしないというのは、場が締まりませんし
新婦側の両親から見ても不安にさせてしまうかもしれません。

新郎が仕切るのは全く問題ないのですが、
どこかで新郎父親の出番を作ってあげることも必要ですね。

 

相手の両親を不快にさせない礼儀正しい挨拶とは?

顔合わせの場での挨拶は誰でも緊張するものです。

例え、仕事で人前で喋る機会が多い人でも、
さすがに仕事とは別物です。

 

まず、相手を不快にさせない態度
というのは大切になりますd(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ

うつむき加減で背中が丸まっている、
自信のなさが全面に出ているのは良くありません。

 

胸を張って同席している相手の両親、
自分の両親の目を順番に見る感じで行いましょう。

言葉は大きすぎず小さすぎず、
みんなに聞こえる声でしゃべります。

 

お辞儀をする時も丁寧にピシッとした姿勢を保ちましょう。

挨拶は季節の言葉や最近の出来事などを交えて
穏やかな口調で話し始める事を意識します。

 

そして、あいさつの中では、2人の結婚を祝福してくれる
両親への感謝の言葉を述べましょう。

新婦の良いところ、軽いなれ初めなども交えて
結婚に至った理由を上手に話しましょう。

 

くれぐれもなれ初めは軽いものが良いです。

ダラダラ話されても、両親には聞きたくないことも
あるかもしれませんΣ( ̄Д ̄;)がーんっ!

感謝の気持ちを少し多めに述べたら、
あとは分かりやすく簡潔に締めくくるようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

顔合わせはとても緊張してしまうものですが、
そのために事前準備をしっかりしておきましょう。

結婚する2人で綿密に相談しておけば、
いざという時、お互いにカバーしあうことができます。

 

主役はお互いの両親ですから、
おもてなしの気持ちを大切にエスコートしてくださいね。

きちんと準備をしておけば、
きっと成功すること間違いなしですよ∑d(≧▽≦*)OK!!





SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ