入籍に必要な書類を準備しよう!婚姻届以外に必要なものとは?

いよいよ晴れて入籍(*゚ー゚*)ポッ

あれ?婚姻届以外に必要な書類ってあるの?

 

SPONSORED LINK

 

結婚をして入籍するとなるとやはりお役所への届けが必要です。

入籍をどちらかの誕生日にするなど、記念日にしたい人も多いはず。
そんな時、入籍に必要な書類が足りないと受理されず記念日がズレてしまいます。

 

そうならないために、事前に入籍に必要な書類を揃えておきましょう。

それでは入籍に必要な書類や、
入籍をスムーズに済ませるポイントなどをご紹介していきます(≧∇≦)b OK

 

入籍に必要な書類一式は何?

image1

Original update by:びすこってぃ

 

婚姻届は365日24時間いつでも受け付けてくれます(^0^ゞ

しかし夜間受付などを利用する場合は、書類に不備があると翌日になってしまったり、
休日で休みの場合は受付だけで確認は翌週・・・

なんてことになってしまう可能性もあります。

そんなことにならないよう、婚姻届を提出する際に必要な書類と、一緒に持っていくと助かるものを書いていきますのでしっかり確認してから足を運んでくださいね^^

 

婚姻届

これを忘れる人はいないと思いますが、念のため載せておきます。

婚姻届はどこの役所、出張所でも手に入れることができます。
最寄りの市町村区にある役所・出張所の戸籍課でもらいましょう(*^▽^*)ノハーイ

今は結婚雑誌の付録として可愛らしい婚姻届を使うカップルもいますね。

 

戸籍抄本

戸籍抄本はどこでも手に入るものではありません。
戸籍がある役所、出張所に出向いて交付してもらう必要があります。

本籍地が遠い場合は郵送も可能ですが、届くまでに1週間~2週間かかるので、
早めに対策を打っておいた方が良いです。

また、本籍と現住所が違う場合や、住所の細かい番地が分からない場合を見越して、
戸籍謄本も一緒に手配しておくと安心です。

 

2人の旧姓の印鑑

事前に婚姻届にサインをしている場合、印鑑は不要と思うかもしれません。
しかし、もしも提出書類に不備があった場合は訂正印になります。

また、大きな訂正があり書き直しになった場合にも印鑑は必要です(o^-^o) ウフッ
念には念をということで、印鑑は忘れずに持っていきましょう。

 

身分証明書

本人確認ができる証明書は必ず持参しておきましょう。

書類を提出の際に本人かどうか確認されます。

 

20歳以上の証人2人の署名と捺印

婚姻届には証人欄が設けられていて、20歳以上の2名の証人が必要になります。

親、兄弟、友人、仲人…20歳以上なら誰でも問題ありませんw( ̄o ̄)w オオー!

条件として2人の証人は違う捺印である必要があるので、友達夫婦にお願いする場合は、
それぞれ違う印鑑での捺印をもらうなど気を付けましょう。

 

スポンサードリンク

 

本人確認のために使える証明書は?

入籍する2人が戸籍の通りの本人なのかを確認されます。( ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!
その時、入籍に必要な書類の中に出てきた「身分証明書」が必要になります。

では、本人確認書類として許されるものはどのようなものになるのでしょうか?

 

まず本人確認に必ず使えるのは官公署が発行している顔写真付きのものです。運転免許証やパスポートが該当します。また、今後この身分証明書として「顔写真つきのマイナンバーカード」なども加わってくることと思います。

この場合どちらか1点あれば本人証明書として成り立ちます。
写真があるということは、すぐに見比べることも出来るので信用度が高いのです。

またその他の免許証でもOKです(*’-‘)b OK!

警備業法第23条第4項に規定する合格証明書、
無線従事者免許証など写真が入っているものに限られます。

 

 

しかし、海外旅行に行ったことがない、運転免許も持っていない、特に免許もない…

そんな人もいるでしょう。

その場合は健康保険証や年金手帳、共済組合員証などで代わりが務まります。
しかし顔写真がないので2点持参する必要があります。

このように写真がある、ないで持参するべき本人確認書類の数が変わってくるので注意しましょう(〃゚д゚;A アセアセ・・・

 

入籍をスムーズに済ませるためのポイント!

image2

Original update by:工藤隆蔵

 

人生のビックイベントである入籍(〃д〃)きゃ~♪
できればスムーズに終わらせてその後の結婚生活に繋げたいものです。

ゴタゴタと滞ってしまうと、結婚生活もゴタゴタしてしまいそうですよね。
スムーズに済ませるためには事前準備が大切です。

特に女性の場合、新居と本籍地が離れている場合は、
早めに戸籍抄本・戸籍謄本を手に入れておくようにしましょう。

今は戸籍抄本・戸籍謄本をもらうにも本人確認が必要です。忘れずに持参しましょう。

 

婚姻届は時にこだわりがないのであれば、
2、3枚もらっておくと、失敗した時にすぐに書き直しができます「(゚~゚o)ウゥーン

役所によっては1枚だけと言われてしまうこともあるので、その場合は丁寧に書くように気を付けましょう。

 

場所によっては「書き方見本」をもらえる役所もあります。

証人の署名を依頼する相手が知人や友人の場合は、その人の都合もあるので、
早めにお願いしておくと安心です。

 

入籍日を記念日として決めてある場合は早めの準備と綿密な確認が重要ですd( ̄  ̄)
当日になって焦らないように、余裕をもって行動してくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

入籍以外にも結婚したら様々な手続きが待っています。
特に苗字が変わる女性は大変ですよね。

一生に1回のことですからバタバタ終わらせるのではなく
2人で一緒にスムーズに入籍したいものです。

ここに書いた書類を参考に入籍の準備を進めてみてくださいね(´・ω・`)ノ チャオ♪

 





SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ