女性にも実印は必要なの? 実印登録する場合の注意点を知ろう

今まで実印登録とかをしたことがないんだけど、女性でも実印は必要?

結婚前にはあえて作らないほうがいい?

 

SPONSORED LINK

 

昭和の時代、女性が実印を持つのは珍しいことでした。

でも、今では女性でも実印を持つ人が増えているようです(^^♪

とはいえいざ作るとなると、
決まり事や女性ならではの注意点があるようです(>_<)

 

実印は一生使って行くもの!
ちゃんと知って、しっかりした物を作りたいですよね(^_^)

ここでは、実印についての知、女性が実印を作る時の注意点や、
知っておきたいポイントなどをお伝えします(^_-)-☆

 

女性にも実印は必要!実印の基本的な作り方とは?

 image2

Original update by : 工藤 隆蔵

 

実印はお役所や契約などの場でたまに耳にする名前ですが、
いったいどのようなものなのでしょうか?

実印とは戸籍に載っている姓名を彫刻し、
住民登録している市町村の役所に登録を受理された印鑑のことをいいます。

 

実際に実印が必要なのは、
契約書、不動産取引、遺産相続、保険金や保証金の受取などの場面ですφ(..)

一番身近なものは自動車の売買かな。

 

一生のうち、数回しか使わないこともありますが、使う場面は重要なことばかり。
最近は自立した女性が増えているので、実印は女性にも必要ですよね(^^♪

 

では、その実印の基本的な作り方ってあるのでしょうか(・・?

実印の作り方を順番に追ってみましょう(^^)v

 

実印を作るタイミング

社会人として働き始めるとき、成人したとき、結婚したときなど、
人生の節目で実印を作る方が多いようです。

また、自動車の購入時など、契約時に必要になって慌てて作る方もいるようです。

 

実印を作る場所

実印は印鑑屋さんで作ってもらいます(#^.^#)
一般的には最寄の印鑑屋さんで作ってもらうことが多いようです。

でも、最近はネットでも多くの印鑑屋さんが実印の通信販売をしていますよ。

 

実印の作成時間

実印は機械彫りと手彫りの2種類に分かれます。

機械彫りなら、ネットの即日発送サービスで、
最短1日で届くサービスの業者さんもあります(゜o゜)

しかし機械彫りでも、オリジナリティを出したものなどは、
もう少し時間がかかるようです。

それに対して、手彫りは職人さんが彫るので最低2週間は必要です(^・^)

 

 

実印の素材と値段

実印の素材で値段も変わってきます。フムフム
一番高いのが象牙の素材で、相場はだいたい15000円。

最近人気なのが、チタン製の印鑑です!(^^)
スタイリッシュな上に耐久性があるので人気が出ているようです。
相場は象牙と同じく15000円くらいですφ(..)

女性に人気なのは琥珀・彩樺(さいか・・天然木)で、4000円前後です♪

 

 

実印の大きさ

各市町村によって印鑑登録ができる印鑑のサイズが決まっています。

大体何処の市町村でも大丈夫で、
女性の実印の一番多い大きさは、13.5mmです(^^)v

 

彫刻の名前

実印は姓名でも、姓のみ、名のみどれで彫っても構いません。

ただ、セキュリティの点から言えば、姓名で彫った方がより安全なようです(^・^)

 

書体

実印を作る際、思い浮かぶのは素材やサイズですが、書体も重要です。

実印は法定効力が強い印鑑なので、
セキュリティ面が重要なポイントになりますので、
複製しにくい書体が一般的に使われているようです(^・^)

 

実印の基本的な作り方はご理解いただけたでしょうか?
でも、女性が作る場合に押さえておくポイントがありそうです。

どんなポイントがあるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

女性が実印を作る場合に抑えておきたいポイントは?

女性が実印を作る時、男性の場合にはないことがあるようです。
どのようなポイントがあるのでしょうか(・・?

 

ポイントは2つあります。

 

彫刻する姓名が変わってしまう可能性がある

女性の場合、結婚で姓が変わることが多いですよね~♪

旧姓で実印を作ると、結婚して姓が変わった時に、
実印を作り直さなくてはなりません。

また既婚の場合でも、離婚・再婚などで
姓が変わってしまう可能性も無きにしもあらずです。

 

その度に実印を新しく作る際には、当然手間もお金もかかってしまいます(;O;)

その点も含めて、彫刻を姓のみ、名のみ、姓名両方の
どれにするのかを決めた方がよさそうです(^^)

 

実印のサイズにも注意が必要

実印は基本的に認印や銀行印よりも大きいものを選ぶ場合が多いようです。

大きさは13.5mmから25mmのものまであります。

男性の一般的な実印のサイズは16.5mm。
女性の実印のサイズは13.5mm~15mmが一般的なようですφ(..)

 

少し小さめのサイズを選ぶと、まず結婚した時に、
夫の実印と見分けがつけ易いという利点があります。

また、夫より大きい実印は、
結婚生活において縁起がよくないというような見方もあるようですよ(゜o゜)

実際、少し小さめのサイズの方が女性の小さい手になじみ易く、
押し易いかもしれませんね~☆

 

では、未婚の女性が実印を作る時の注意点はあるのでしょうか?

 

未婚女性が気をつけるべき実印の注意点とは?

image2

Original update by : すしぱく

 

未婚の女性でも実印を持つ方が増えているようです(^・^)
実印を未婚の女性が作る時、どのような点に注意するべきなのでしょうか?

 

やはり一番は彫刻する姓をどうするかです!(^^)
将来結婚することを考えると、姓を彫刻すると作り直すことになりそうです。

 

今は結婚なんて・・と思っていても、将来結婚しないとも限りません。

でも、下の名前だけで実印を作ると、結婚しても下の名前は変わらないので、
実印を作り直す必要も、印鑑登録変更の必要もありませんね(^^)v

 

次に作るタイミングです!

どうしても未婚の女性の場合、
必要になって急いで作るパターンが多いようです(>_<)

そうすると早くできることばかり考えて、
書体などを選ぶ余裕もなく作ってしまうので、
セキュリティの問題も心配です(;O;)

 

それに、一生使う実印、出来れば納得のいくものを持ちたい♪

やはり人生の節目の卒業や就職、
結婚の際に心新たに落ち着いて作りたいですよね(^_-)-☆

 

では、実際に実印で印鑑登録をする時の注意点はあるのでしょうか?

 

女性が実印登録する場合の注意点って?

実印を作ったら、印鑑登録をしないと実印の効力を発揮することはできません(+_+)

印鑑登録の際の注意点はあるのでしょうか(・・?

 

印鑑登録は住んでいる市町村の役所や役場で行います。
持って行く物は、実印と身分証明書φ(..)

申請書に住所・氏名・生年月日を記入し、登録する印鑑を押印します。
その際、免許書など身分証明書の提示が必要です。

実印登録に必要な費用は、市町村によって差がありますが、大体100円~300円です。
登録にかかる時間は、窓口の込み具合もありますが、割とすぐに登録できますよ(^^)v

 

実印登録が済むと、印鑑登録カードがもらえます♪

印鑑証明書を発行して貰う時に必要なものなので失くさないようにね!(^^)

 

印鑑証明書が必要になったら、
カードと印鑑登録証明書交付申請書を窓口に提出します。

発行手数料は、市町村で差がありますが、
大体300円くらいが多いようです(*^_^*)

 

 

まとめ

いかがでしたか?

女性でも実印を持つ時代!

とはいえ、決して安いものでもありませんので、
必要性を考えるとどのタイミングで作成するかを悩んでしまう事もあるでしょう。

結婚の際は、一つのタイミングとして実印についても考えてみてはいかがでしょうか?

一生使える確かな実印を作って、素敵な人生を歩んで下さいね(^_-)-☆





SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ