ブライダルエステは誰が払う?揉めない費用負担方法とは?

ブライダルエステの費用は、新婦が負担するべきものなの?

結婚式費用として、折半することはアリかな?

費用負担で揉めない為にはどうしたらいい?

 

SPONSORED LINK

 

結婚式当日は、最高の状態で臨みたい!
女性なら誰でもそう思いますよね。

そのためにブライダルエステに通う女性も多いと聞きますが、
やっぱり気になるのはその費用。

決して安くないお値段ですから、その費用をどうやって捻出するか、
悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そもそもブライダルエステの費用は、誰が払うのでしょうか。

やはり新婦が払うのが当然なのでしょうか。

 

今回は、ブライダルエステの費用負担について、
他の方達はどのようにしているのかを調べてみました。

お金のことは後々揉める原因となりますので、
新郎側に納得してもらえる費用負担のあり方を一緒に考えていきましょう。

 

ブライダルエステとはそもそも何?受けるべき?

br04_01

Original update by : 写真AC

 

ゼクシィのアンケートによると、
式の前にブライダルエステに通った新婦は約9割にのぼります。

しかし、みんなが行っているから自分も行かなくちゃ!
ということではありません。

 

ブライダルエステの目的は、
式当日に一番輝く花嫁さんに仕上げること。

ですから、自分には必要ないと思うなら、
必ずしも受ける必要はありません。

ただ、9割もの新婦がブライダルエステに通うのには、
次のような理由があるからです。

  • 写真に残る!
  • リラックスタイム

 

写真に残る!

式当日は、あらゆる角度から写真を撮られます。

プロのカメラマンの他にも、
友人や親戚が撮る写真のことも考えなければなりません。

後ろ姿をSNSにアップされる可能性だってあります。

特に、露出の大きいドレスを着る場合は、
普段自分ではお手入れ出来ない背中がむき出しになってしまいますので、
出来ればプロにケアをお願いしたいところです。

結婚式の写真は一生残るものですから、
写真を見るたびに、「きちんとケアすれば良かった…。」と、
後悔しないようにしたいですよね。

 

リラックスタイム

式直前は非常に慌ただしく、
特に新婦には相当のストレスが掛かります。

ブライダルエステは、
式当日に向けて「綺麗にする」ということが目的ですが、
「リラクゼーション」効果も見逃せません。

エステで贅沢な一時を過ごしてリラックスすることが出来れば、
あと少し頑張ることも出来るのではないでしょうか。

また、結婚したらなかなかこのような贅沢は出来なくなります。

一生に一度の思い出として受けてみるのも良いと思います。

 

費用負担の現状は?

スポンサードリンク

 

気になるのがその費用ですよね。

ブライダルエステの平均費用は約8万5千円。

決してお安い金額ではありませんが、
いったい誰が、この費用を負担すれば良いのでしょうか。

 

3千円くらいのお試しや、1dayプランのようなお手軽のものなら、
それ程負担でもありませんから、誰が支払っても良いと思います。

しかし、3ヶ月以上掛けてしっかりケアするコースになると、
10万円以上掛かる場合もあります。

このように高額な費用の場合は、
やはり一人で負担するのは大変ですよね。

 

ブライダルエステの費用負担については、
次の3つの考え方があります。

  • 新婦が全額負担する
  • 結婚式費用として新郎新婦で折半する
  • 新郎からのプレゼントとして、新郎が負担する

 

新婦が全額負担する

ブライダルエステに関しては、
新婦が全額負担するケースが一番多いです。

特に、新郎側がエステに全くの無関心の場合は、
費用負担に関して言いだせない方も多いようです。

 

結婚式費用として新郎新婦で折半する

元々結婚式費用を折半するカップルの場合、
ブライダルエステも結婚費用の一部と考えて折半することも多いようです。

式場に併設されているサロンで施術する場合などは、
自然に折半の流れになるようです。

 

新郎からのプレゼントとして、新郎が負担する

式当日に、「親族や友人に綺麗な花嫁さんを見てほしい!」という気持ちから、
新郎側からブライダルエステを提案するケースもあります。

その場合、新郎がプレゼントとして全額負担してくれることが多いようです。

ブライダルエステを新郎がプレゼントとして負担してくれたら、
新婦側としては本当に嬉しいですよね。

せめて折半してくれるとありがたい、と思うのも当然でしょう。

 

しかし、結婚に関する揉め事で一番多いのが「お金」の事です。

新郎新婦二人だけの問題ではなく、
両家のしきたりに係わってくる場合もありますので、
安易に新郎に払ってもらおうと考えるのは禁物です。

女性にとってブライダルエステは必要経費かもしれませんが、
男性の中には、「そんなものは不必要!その分貯金した方がいい。」と、
現実的な方も多いのです。

 

一部でも負担してほしいと思うなら、
事前にきちんと話し合いをしておきましょう。

その時は、

  • 全体でいくらになるのか
  • どのくらいの割合で負担し合うのか
  • 追加費用は誰が払うのか…

 

などを、細かく決めておくとトラブルを防ぐことが出来ます。

間違っても、「後から高額な請求書が届いてビックリ!」
なんてことにならないようにしましょう。

 

どうせならカップルプランを!夫婦そろって磨き上げよう。

br04_02

Original update by : 写真AC

 

ブライダルエステの費用を折半してほしい…って、
なかなか言いづらかったりしますよね。

そんな時には、
カップルプラン」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

カップルプランとは?

カップルプランとは、
結婚式前に新郎と新婦が一緒にエステを受けるセットプランを指します。

「ペアエステ」などとも呼ばれています。

同じ部屋にベッドを並べて2人で一緒に施術を受けるのか、
別室で1人1人受けるのかは、サロンによって異なります。

施術内容は、「新郎新婦共通の基本ケア」に、
男性ならではのメニュー、女性ならではのメニューを、
プラスしていくケースが多いです。

ほとんどのコースが、1回のみの1dayプランとなっておりますが、
中には、数回通うコースもあります。

 

カップルプランを受けるメリットは?

新婦一人がエステを受けるのに比べて、
カップルでエステを受けることで次のようなメリットがあります。

  • 新郎にエステの魅力を理解してもらえる
  • エステにお金を掛けることに気兼ねしなくてすむ
  • 二人の思い出作りが出来る
  • 新郎も一生に一度の思い出になる
  • エステの代金が割引になる
  • 勧誘されても二人だと断りやすい
  • エステの費用を折半してもらえる

 

男性がエステに否定的なのは、
経験したことが無いという点が大きいと思います。

口で何度も説明するよりも、一度体験してもらった方が、
エステの魅力を理解してもらえるでしょう。

また、男性にとってもこの機会を逃したら、
エステを受けるチャンスはもう二度と来ないかもしれません。

二人で一緒に受けることで、
結婚前の良い思い出にもなりますので、是非、彼を誘ってみて下さい。

二人で受ければ、費用は折半という流れになりやすいのも、
メリットの一つです。

カップル割も賢く利用して、費用を節約しましょう。

 

メンズエステって何?気になるその内容。

女性のエステの内容はだいたい想像できますが、
男性のエステは、どのようなことをするのでしょうか。

あるサロンのメンズエステの内容を見てみましょう。

 

疲れた身体をリフレッシュ! 90分/1回・・・9,450円

  • クリアクレンジング ・・・ 2分
  • ディープウォッシング ・・・ 3分
  • フェイシャルマッサージ ・・・ 20分
  • 角質除去 ・・・ 15分
  • 肌質別マスク ・・・ 15分
  • バイオニックセルサー ・・・ 15分
    (特殊電流で肌細胞を活性化させます)
  • 背中マッサージ ・・・ 20分

 

日頃ケアを怠りがちな男性には、
ニキビ肌や乾燥肌の肌質改善が必要です。

また、たっぷりマッサージを受けて、
日頃のストレスを解消しましょう。

プロによるシェービングプランも人気があります。

 

男性専用のシェービング・メンズブライダルスタンダード 約90分/1回・・・7,020円

  • 超音波毛穴洗浄 ・・・ 5分
  • シェービング(額、顎、頬、小鼻、耳たぶ)・・・ 15分
  • シェービング(首、襟足)・・・ 13分
  • 保湿ケア(全シェービング箇所)・・・ 7分
  • フェイシャルマッサージ ・・・ 10分
  • 毛穴吸引 ・・・ 4分
  • 潤い保湿パック ・・・ 5分
  • 眉カット ・・・ 5分
  • ネイルケア ・・・ 20分

 

男性なら毎日シェービングしていると思いますが、
首や襟足までは一人で出来ません。

プロによる本格シェービングなら、
一皮むけたような凛々しさを得ることが出来ますよ。

 

他にも、脱毛や痩身など、
悩みに合わせたケアを組み合わせることも可能です。

カップルプランには、新婦だけ5~6回通い、
最後の一回をカップルで受ける、というコースもあります。

体験コースもありますので、
デートのついでに複数のサロンを見比べて選ぶのも楽しいですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ブライダルエステは、結婚式当日に、
新婦が最も美しく輝けるようにすることを目的としています。

自分には必要無いと思えば、無理に通うことはありませんが、
写真に残ることなどを考えて、約9割の花嫁さんが受けています。

 

しかし内容によっては高額になるため、
誰が費用を負担するのかは、大きな問題です。

費用負担の方法としては、次の3つが考えられます。

  • 新婦が全額負担する
  • 結婚式費用として新郎新婦で折半する
  • 新郎からのプレゼントとして、新郎が負担する

 

ブライダルエステの費用を彼にも負担してほしいと思ったら、
カップルプランを提案することをお勧めします。

また、ブライダルエステはメンズコースの内容も充実しています。

一度体験してもらえれば、エステの魅力を理解してもらいやすく、
快く費用を負担してもらえるかもしれません。

結婚前の二人の思い出作りにもなりますので、
デートのついでに誘ってみてはいかがでしょうか。





SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ